web-201801-油井さん

【試し読み】無限のカラーは光りの贈り物<希望の洋服店 M SELECT>Vol.15

「パートナーをもっと美しくオシャレにしたい」――そんな女性たちの願いを叶えるファッションコラム。メンズファッション業界の裏側を知り尽くした油井誠氏が、女性読者とそのパートナーのファッションセンスUPをお手伝いします。

クリスマスのガラス飾りに揺らめく光。ベガ星はこんな感じでしょうか。観る人の心を映して限りなくきらめくその星は、それ自体が宇宙に浮かぶ宝石のよう。宇宙空間には宇宙線、ガンマ線などさまざまな電磁波が飛んでいるのに、可視光線は赤外線と紫外線の間780~380ナノメートルのごく限られた波長だけ。その間に無限のカラーが存在します。太陽光自体は無色でも、プリズムで分光すると虹のスペクトルに。色は特定の波長を反射することで見える「光の波」なのです。

この秋冬はボルドーやスモーキーピンクなど暖色系、グレーにカーキ、キャメルも人気。春にはイエローも来そうです。日本以外に十数カ国が参加するパリのインターカラーでは、2年前に情報を持ち寄ってカラー提案をします。ほかにも英のWGSNや仏のトレンドユニオンなど、さまざまな分野の情報をリサーチ、加工提案して販売するトレンド予測団体がいくつもあります。それらを参考に、染料や糸、テキスタイル・メーカーが素材サンプルを提案し、アパレルが選んでデザインに起こす際に独自色も加えていくのです。流行は天上界で企画され、地上で受け取る人たちがいるということかもしれません。天上界では念えば形になりますが、地上では多くの人の努力を交えるので時間がかかるのですね。
……

アユハ2018年1月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ
記事DATA

油井誠 Makoto Yui

長野県生まれ。関西外国語大学外国語学部英米語学科在学中にアメリカへ留学。卒業後、セツモードセミナーで絵と服飾デザインを学び、編集記者、ファッションモデルエージェントを経てファッション業界へ。メルローズのプレスを皮切りに、Men’s Melrose、TAKEO KIKUCHI、パーリーゲイツのメンズデザイナー、伊勢丹研究所のメンズコーディネーター、ラコステのメンズMDチーフ、リーバイ・ストラウスジャパンのバイヤー、MDプランナーなどを務める。現在はフリーランスとして活動中。