マスカラアイキャッチ

大人の上品目もとをつくり出す「アイライナー&マスカラ」

近、「よく“疲れてる?”と聞かれる」、「いつものメイクがしっくりこなくなった」――そんなふうに感じることが増えてきたら、メイクの見直し時期かもしれません。マスカラを塗るだけで十分だった20代を過ぎると、くすみが日常化する30代、シワが本格的に刻まれる40代、たるみが深刻になる50代と、年齢とともに悩みは増えていくもの。昔マスターしたメイク法をいつまでも続けるのではなく、外見の変化に合わせてメイクも進化させていくのが、大人の女性のたしなみです。

くに顔のなかでも、もっとも老化が目立つ部分が目もとだと言われています。くすみ、シワ、たるみによって目もとの印象がぼけて目ヂカラが弱くなってきたら、「アイライン」と「まつげ」を強化して、目のフレームを際立たせることが必須。それだけで見た目年齢をぐっと引き下げることができるのです。ただし、目を大きく見せることだけに専念して、こってり盛ったデカ目メイクをしてしまうと、上品さが失われるうえに、ひと昔前の古い顔になってしまうので要注意。品よくフレームを際立たせつつ、軽さや抜け感を取り入れるのが、旬の顔を作り出す秘訣です。

とえばアイライン。びしっと太いラインで囲み目をつくるのではなく、まつげの密集感を高める感覚で、インサイドラインを強化したり、まつげのすき間を埋めるようにラインを入れたり、目頭付近にはラインを入れず抜け感をつくるなど、ちょっとしたコツで今っぽいニュアンスに。

して、目を大きく見せる効果絶大のマスカラですが、ギャルのような極太ひじきまつげになってしまっては台無しです。美まつげに仕上げるポイントは、ずばり「素早く塗る」こと。ボリュームを出そうと何度も重ねていくと、ある時点でいきなり“ひじき”状態になるという大惨事を避けるためにも、マスカラは手早く仕上げるように心がけて。また、まつげの立ち上げすぎ、盛りすぎはぜったいにNG。大人のまつげは、なだらかカーブが基本です。自分に合ったメイク法を習得して、品のある大人の女性の輝きを手に入れましょう。

(本誌美容ライター 千馬有希子)

cover_201208
続きは本誌へ