web-201710-イライラチャート

【試し読み】そのイライラ もしかして 産後から?「夫婦のネガティブ感情チェック」

4タイプそれぞれのチェック項目の「妻」の欄では自分の思いをチェックし、「夫」の欄ではご主人の気持ちを想像しながらチェックしてみましょう。それぞれ一番当てはまる項目が多かったタイプがあなたとご主人のもっとも注意すべき“ネガティブ感情”アニマルです。

出産後は緊張や疲れ、ホルモンの不調などから、肉体的にも精神的にもバランスを崩しやすくなります。
できるだけゆっくりと体を休めて栄養をきちんと取り、ストレスを溜めないようにすることが大切です。しかし産後の大変な時期を過ぎてからも、夫に対する愚痴や不満などの“不和の種”を残すと、夫婦間の心の溝が深まって熟年離婚や家庭内別居につながることも……。
夫婦関係に潜んでいるかもしれないネガティブな種を発見してみましょう!(水村)

ひつじさん

 
  パートナーと話すと殻にこもりたくなる
  パートナーは頑固だと思う
  家の中の問題は大体がパートナーのせい
  言いたいことがあっても我慢してしまう
  いつも自分ばかりが耐えていると思う

きつねさん

 
  正直、自分はパートナーより“デキる”と思う
  パートナーは仕事/家事が苦手だ
  「なぜこの人と結婚したのか」と悩むことがある
   パートナーはわからずやだ
  パートナーは言った通りのことをしてくれない

トラさん

 
  パートナーは短気だと思う
  パートナーはいつも自分を傷つける
  口に出さないけれど不満がある
  パートナーは文句ばかり言っている
  パートナーの気性は激しいほうだ

たぬきさん

 
  子供の教育のことなど、難しい話は苦手だ
  大事な話中も携帯やスマホを触ってしまう
  パートナーとの会話が成り立たない
  パートナーは家事を手伝ってくれない
  最近、あまりパートナーと外出していない

―――各タイプ、夫婦の組み合わせタイプへのアドバイスは本誌をご覧ください―――

アユハ10
続きは本誌へ
記事DATA

水村和司 Kazushi Mizumura

株式会社ミッションコーチング代表取締役

株式会社ミッションコーチング代表取締役。心理カウンセラー、プロコーチとして人生のミッションの発見や、やる気や能力を高めるコーチングを提供している。著書に『1秒でも早く! 「ダメージ」から抜け出す方法』(すばる舎リンケージ)がある。