anchi

宗教嫌いだった私が “幸福の科学”の 大ファンになった理由 本音座談会 !

宗教と聞いて連想するのはお金? それとも洗脳? 宗教嫌いだった3人の女性が、偏見を乗り越えて信仰をつかんだ経緯を赤裸々に語ります。

Aさん 夫の影響で2010年に幸福の科学に入信。5児の母として主婦業と助産師の仕事を両立している。

Bさん 母親の勧めにより、1992年に幸福の科学に入信。フリーのデザイナーとして活躍する2児の母。

Cさん 介護職を通じて2010年に幸福の科学に入信。現在はハッピー・サイエンス・ユニバーシティ未来創造学部に通う。

新興宗教は怖い……

Aさん 皆さんは宗教にどういうイメージを持っていましたか?
Bさん 父の実家には、曹洞宗の仏壇があったので、なんとなく「神様はいるんだろうな」とは思っていましたけど、宗教への関心はまったくなかったですね。

Cさん 私は大学が仏教系だったので、必修科目で仏教については勉強していたんですが、新興宗教に対しては完全に拒否していました。テレビで「弱い心につけ込んで、自分では何も考えられないように洗脳してしまう」というオウム真理教の特集番組を見て、「怖いな~」って思ったり。

Bさん 私も昔、ある新興宗教から声をかけられたことがあるんですけど、すごく嫌で、「やめてください!」って怒ったことがあります。宗教に関わるとだまされて人生を台無しにされると思っていました。
Cさん 宗教を信じている人は、「目に見えないものに助けを求めている弱い人」という印象も強かったですね。

幸福の科学の印象とは?

Bさん おふたりが幸福の科学に出会ったきっかけは?
Aさん 主人が幸福の科学の信者だったんです。でも私は受け入れていなかったので、一時期仕事が忙しくて鬱っぽくなっていた主人に向かって、「幸福の科学なのに、幸福じゃないじゃない!?」って言ったりして……。

Bさん 離婚に発展することはなかったんですか?
Aさん そこまで考えたことはありませんでしたけど、主人が幸福の科学の本を読んでいる姿に不満を持っていましたし、お祈りをしているときに「聞こえないようにやって!」と、怒りながらドアをバンッて閉めたりしていましたね。

Bさん わかります。私も高校生のころ、家族ぐるみのつき合いの方の勧めで母が幸福の科学の信者になったんですけど、「なんとかして辞めさせよう」と思っていましたので。母が「あの世」とか「守護霊」とか、幸福の科学の教えを口にするたびに、「うるさい! 幸福の科学の話はやめて」と、何度ケンカをしたかわかりません。1991年にフライデー事件が起きたときには、幸福の科学を批判している号外を家に持ち帰って「お母さん、ヤバい宗教に入っちゃってるよ!」って怒鳴ったこともありました。

Cさん 私も危険な宗教だと思っていましたね。大学生のころ、道で幸福の科学の本を渡されたんですけど、『幸福の法』と『幸福へのヒント』というタイトルで、発行元は幸福の科学出版……。見るからに怪しいと思って(笑)。
Bさん 読んだんですか?
Cさん それが怪しいと思いつつ読んでいたようで、信者になったあとに見返したら「人生は一冊の問題集である」っていう部分に線まで引いてあったんです(笑)。すっかり忘れていましたけど。
Bさん 覚えてなかったの(笑)!?
Cさん そうなんですよ。でもそれから2年後に、介護の仕事を通してまた幸福の科学と出会ったんです。

九月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ