仕事のお悩みアイキャッチ

「体調や年齢のことがあり、この先も 働き続けられるか不安です。」4人の出家者がお答え!【女性のお悩みカウンセリング】

20~40代の女性がそれぞれの立場でぶつかる“人生の問題”。
今までさまざまなお悩みに答えてきた出家者たちが、幸福の科学で学んで得た智慧によって導き出した「解決のヒント」をお届けします。

Q.ずっと派遣社員として事務の仕事をしています。結婚はしていませんが、周りにも未婚の同僚が多いため、違和感を覚えたことはありません。休日出勤もある忙しい職場なのですが、年とともに疲れが抜けにくくなりました。体調や年齢のことを考えると、「この先、契約を更新してもらえなかったらどうしよう」と不安になります。資格を持っているわけでもなく、「誰にでもできる仕事」をしているので、次の職場を見つける自信もありません。今から私に何ができるでしょうか。(40代・派遣社員)

「自分は役に立つ」と自信を持って仕事をする

派遣社員を雇う側の方に聞いたことがあるのですが、「一生懸命な人をクビにはしません。一生懸命かどうかは見ていればわかります」とおっしゃっていました。

あなたはいつも、どのような気持ちで仕事をしていますか。もしも「それほど一生懸命に仕事をしていない」と思われるなら、まず、自分に「会社の役に立とう!」と言い聞かせましょう。例えばオリンピック選手は、「国のためだと思うからこそ、本番でエネルギーを出せる」といいます。「誰にでもできる」などとご自分の仕事を卑下せずに、「世のため人のためになる仕事なんだ」と思えば、気力も湧いてくるはずです。

技術的には、現在の仕事に関連した資格を取ると、会社にとって必要な人材だと認めてもらいやすくなります。そうすることで、「私はこの会社になくてはならない人間なんだ」と、自分にも自信が持てるようになるでしょう。

人にアドバイスできる自分を目指す

体調面の不安については、原因を探る必要があります。食事に偏りがないか、運動は足りているか。あとは更年期にも差し掛かってくる時期ですから、その可能性も考えたほうがよさそうです。健康に役立つ情報を集めて手を打てば、体調も整い、気持ちが前向きになります……

九月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ
記事DATA

小島有紀子さん 

小島支部長

幸福の科学吉祥寺支部 支部長

1965年生まれ。2008年より幸福の科学に出家。八王子支部・立川支部の支部長を歴任し、2016年より現職。