web-201709-咲也加さま

大川咲也加さん CD「HIKARI」リリース! インタビュー「神様からの愛を まっさらな心で受け取ってほしい」

幸福の科学で副理事長兼総裁室長として、教団運営に深く携わっている大川咲也加さん。
この度、芸能事業で作曲と歌に初挑戦し、8月2日にはCD・DVD「HIKARI」が発売されます。
本作品の制作秘話や、テーマにもなっている「信仰」について語っていただきました。

――今回初めて作曲にチャレンジされたとのことですが、いかがでしたか。
昨年11月ごろに大川隆法総裁が、2018年初夏に公開予定の映画「さらば青春、されど青春。」の主題歌や挿入歌の歌詞を書かれて、そのなかの一つに「HIKARI」がありました。この歌は天照大神の霊指導によるもので、歌詞を書かれた日の夜に大川総裁から「天照大神はもう天上界で曲ができているみたいだから、霊感があったら降ろせますが、どうですか」と言われて……。突然のことで驚いたのですが、引き受けさせていただくことにしました。

そのすぐ後にAメロの「ラララ…」というところが耳の後ろのほうから聴こえてくる感じがしたんです。ボイスレコーダーを取り出して、聴こえてくるまま歌って吹き込みました。今回だけでなく、大川総裁が作られた歌詞を見ていると、曲が浮かんできそうなことが時々あるんです。きっと、その歌詞にもともと音が込められているのでしょうね。

録音したものを聞いて、音程を少し直した方がよいかなと思うところだけ歌い直しましたが、それほど直すところもなく、30分くらいででき上がったので、この歌は私にとって運命的な出会いだったのかもしれません。デモテープを大川総裁にお聞かせしたところ、「これは本物ですね。ちゃんと天上界の曲を受け取れたのですね」と喜んでいただけました。

なぜ自分のような者が作曲をできたのだろうと思い返すと、昔からよく夢で、霊界の演奏会でも見ているのか、この世では聴いたことのない、きれいな音楽を聴くことがありました。もしかしたら、そうしたところからの霊流を引ける素地があったのかもしれません。

―――本誌では、他にも次のような質問にお答えいただいております―――
・歌も初披露ということですが。
・歌詞を見たときに感じたインスピレーションなどはありますか。
・CDには高音のバージョンと低音のバージョンが収録されていますが、雰囲気が違いますね。
・どのような思いを込めて歌われましたか。
・歌詞には「信仰者のあるべき姿」も示されていると思います。咲也加さんの考える「理想の信仰者の姿」などはありますか。
・「信仰」がなかったら、どんな人生だったと思いますか。
・エル・カンターレは咲也加さんにとってどのような存在ですか。

HIKARI

大川咲也加さんが歌う、2018年初夏公開予定の映画『さらば青春、されど青春。』の挿入歌。

Track List
1. HIKARI
2. HIKARI―映画『さらば青春、されど青春。』ver.
3. HIKARI(Instrumental)
4. HIKARI―映画『さらば青春、されど青春。』ver.(Instrumental)

¥2,000(税込)

Track List
CD
1. HIKARI
2. HIKARI―映画『さらば青春、されど青春。』ver.
3. HIKARI(Instrumental)
4. HIKARI―映画『さらば青春、されど青春。』ver.(Instrumental)

DVD
Music Video HIKARI

¥5,000(税込)

● いずれも幸福の科学

九月号表紙アイキャッチ
続きは本誌へ
記事DATA

大川咲也加 Sayaka Okawa

幸福の科学 副理事長 兼 総裁室長

1991年、東京都生まれ。大川隆法総裁の長女。豊島岡女子学園中学・高等学校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。著書に、『祭政一致の原点』『わかりやすく読む「留魂録」』『新・神国日本の精神』(幸福の科学出版刊)等がある。

エルドリッヂ永未子 

1997年に結婚。現在、18歳の長女と16歳の長男の2人の子供を育てる。

ロバート・D・ エルドリッヂ 

政治学博士。1968年、アメリカ・ニュージャージー州生まれ。米リンチバーグ大学卒業後、神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授を経て、2009年、在沖縄海兵隊政務外交部次長。2015年、同職解任。『オキナワ論』(新潮社)、『一緒に考えよう! 沖縄』(釈 量子 共著/幸福の科学出版)、『トモダチ作戦』(集英社)ほか著作多数。

 

ジェイダ・トルン Ceyda Torun

トルコ・イスタンブールに生まれ、幼少時代を野良猫とともに過ごす。11歳で家族とヨルダンに移住。高校生のときにアメリカ・ニューヨークに移り、ボストン大学で人類学を学ぶ。イスタンブールに戻り、レハ・エルデム監督のアシスタントを務めた後、ロンドンでプロデューサーのクリス・オーティの下で働き、アメリカで撮影監督のチャーリー・ウッパーマンとともにターマイト・フィルムズを設立。監督初の長編ドキュメンタリーである本作はアメリカで公開された外国語ドキュメンタリーで歴代3位の大ヒットを遂げ、イギリスやスウェーデンなど世界20カ国以上で公開予定。

津久井ひろみ 

幸福の科学 総本山・日光精舎 専任講師

東京都生まれ。1988年に幸福の科学に奉職。新宿精舎館長、箱根精舎館長、横浜正心館専任講師、千葉正心館専任講師などを経て現職。

佐竹秀夫さん 

幸福の科学 仙台正心館館長。1989年に幸福の科学に出家。聖地四国正心館や湯布院正心館の館長などを歴任し、2012年より現職。

和田裕美 Hiromi Wada

作家・営業コンサルタント

外資系教育会社にて98%の成約率で世界第2位の営業成績を残す。現在は営業コンサルタントとして研修・講演を国内外で展開。ビジネス書のほか小説や絵本などの著書は50冊以上。累計200万部超えのベストセラー作家としても活躍中。

公式サイト

ジェームズ・ポンソルト James Ponsoldt

1978年、アメリカ・ジョージア州生まれ。イェール大学で学士号、コロンビア大学でフィルム・プログラムのMFA(美術学修士号)を取得する。「Off the Black」(06)で長編映画デビュー。続く「スマッシュド~ケイトのアルコールライフ~」(12・未)と「The Spectacular Now」(13・未)で、2年連続でサンダンス映画祭の審査員特別賞に。「人生はローリング ストーン」(15・未)では、インディペンデント・スピリット賞の2部門にノミネート。その他の監督作に、TVシリーズ「シェイムレス 俺たちに恥はない」(14)、「マスター・オブ・ゼロ」(15)など。

松本摩耶 Maya Matsumoto

HSUアソシエイト・プロフェッサー。18歳でイギリスに留学。ロンドン大学卒業後、ヴィダルサスーン・ロンドンアカデミーで通訳、某外資系企業で翻訳などで活躍。イギリスに9年、NYに1年、ハワイに8年滞在。幸福の科学の英語の研修ソフトなども手掛ける。本誌で「HSU黒帯英語 アユハ公開LESSON」連載中。著書に『夫婦でTOEIC990点満点対談』(松本泰典 共著/幸福の科学出版刊)がある。

★資格 TOEIC990点/英検1級/オックスフォード英検上級/ケンブリッジ英検CPE/TESOL(英語教授法)

阿部 結貴さん Yuki Abe

阿部結貴さん

医師

大分県生まれ。産婦人科専門医。東京都内の産婦人科に勤務し、女性の健康をサポートしている。

古田 聡美さん Satomi Furuta

古田聡美さん

助産師

鹿児島県生まれ。看護師、助産師、保険科学修士、接遇インストラクター取得。鹿児島市立病院で助産師、鹿児島純心女子短期大学教員などを経て、医療法人天百合会ふるたクリニック理事。