web-201707-みろく館長

信仰に生きた父、 俳優・南原宏治との 思い出

父の教育方針は「子供でも魂は一人前」

父・南原宏治は、私にとって、人生の方向性や精神性といった心の幹の部分を指し示してくれた、いわゆる貴人であり恩人です。これは父が亡くなってから気づいたことなのですが、父は娘である私の天命を最優先にして護り、大きな愛情や情熱で包み込んでくれていた「守護神」だったなと感じています。
私は父が50歳のときに生まれた子供なので、一緒に過ごした時間は短かったのですが、質は非常に濃くて、その時間の一瞬一瞬が、愛情や輝きやきらめきであふれていました。父はどんなときも人に対して怒ったりすることがなく、やさしく、ハートフルで繊細で、世間の持つ悪役のイメージとは真逆の、器の大きな人でした。そして、たとえ失敗しても、逆境のときでさえも、すべてに可能性を見出し、すべてをプラスに転じていく、まさに“ミスターポジティブ”という感じでしたね。
「子供でも魂は一人前」というのが父の子育てのポリシーで、子供扱いされたことはありません。幼稚園に上がる前の私にも、「世の中を変えていかないといけない」「絶対に救世主は現れるから、現れたらお助けしなさい」と、熱く語ってくる。当時の私は目をパチパチさせ、どういうことなんだろうってずっと思っていましたけど。毎日が熱烈法談のようでした。幼稚園児に対しても温度を下げないので、いつも太陽光線を浴びているようでしたね(笑)。

父から学んだ信仰の姿

まわりの家庭のように、記念日の食事会や夏休みの家族旅行のようなものはありませんでしたが、幼稚園に上がる前くらいから、毎年、禅寺に連れて行かれていたんです。1週間くらい、寝る・食べる以外はひたすら座禅の毎日。そこで神秘体験もいくつかしましたが、信仰心や精神修養のようなものもたたき込まれていました。
父は幸福の科学の教えに出会う前から、「日本の再建」と「日本から第二のルネサンスを興す」という二つの目標をいつも語っていました。俳優をやりながら養成所を創設して、芸能という側面から、維新の志士たちのような人材の養成と輩出をしようと情熱を燃やしていました。一方で、憲法改正の政治活動にも積極的に参加して、日本武道館で演説をしたり。心底、「この国を改革するために命を捨てる覚悟」で生きていたようです。

―――続きは本誌をご覧ください―――

『南原宏治の「演技論」講義』
天使も悪魔も演じられなければ、本物にはなれない――。「観る人の心を揺さぶる演技」の極意を天国から特別講義。

『俳優・南原宏治のガハハ大霊言』―俺の辞書には“NG”なんてネエ!―
型破り! 豪快! 情熱的! 日本が誇る名優・南原宏治が語る“霊界武勇伝”と地上へのメッセージ。

掲載書籍はいずれも大川隆法 著/幸福の科学出版 ¥1,512

箱根精舎 南無原みろく館長 おすすめ祈願&研修

祈願 「アポロン神への祈り」
すべての夢、希望、理想が手繰り寄せられる美と神秘の祈り。二度と来ぬ時代を神の栄光で満たさんとする繁栄の誓いです。創造性を発揮していきたい方、多くの人々に感化を与えていきたい方、みずみずしい感性を磨きたい方などにおすすめです。箱根精舎一番人気の祈願となります。

研修 「聖なる時間」瞑想法研修
本研修でのみ下賜された仏陀特別霊指導による瞑想用オリジナル経文をもとに、霊的な本来の自分に出会っていく癒やしのひととき。天空の精舎にて穏やかな心、幸せな波動を満タンにします!

幸福の科学 箱根精舎
〒250-0522
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根159-150
☎0460-85-2227
FAX 0460-85-2225
www.hakone-irh.jp
※祈願と研修の詳細につきましては、
箱根精舎までお問い合わせください。

箱根精舎

7アユハ表紙アイキャッチ
続きは本誌へ
記事DATA

南無原みろく Miroku Namuhara

俳優・南原宏治の娘として東京に生まれる。幼いころよりクラシックバレエ、日本舞踊、ジャズダンス等を修練し、学生部活動を経て、幸福の科学に出家。エル・カンターレ信仰伝道局常務理事や青年局理事などを歴任し、現在、箱根精舎館長。