エジソン

偉人を育てた母<エジソンの母・ナンシー エジソン>「息子の才能を信じて 支え続けた発明王の母」

いまも世界で語り継がれる功績を持つ偉人たち。彼らを育てたのは、どんな母親だったのでしょうか。4人の偉大なる母を紹介します。

球や蓄音機など、1300もの発明を残したトーマス・エジソン。「この子は知恵遅れだ」と言われた息子の才能を信じ、開花させたのは母のナンシーだった。
エジソンは1847年、アメリカに生まれる。幼いエジソンは何にでも疑問を持ち、聞いてまわる子どもだった。6歳で通い始めた小学校では、落ち着きがなく、質問ばかりして迷惑だと言われてしまう。憤慨したナンシーは、エジソンを学校に通わせず、自分が先生となって教えることを選んだ。
ンシーはエジソンの疑問を一切否定せず、一緒に考えた。卵を人間が温めてもひよこが孵(かえ)るか、自分たちのポケットに入れて実験をしたり、考えてもわからないことは辞書で調べたりと、ふたりだけの教室は発見で満ちていた。
さらにエジソンの疑問を解決できるような本を次々と与え、地下室で実験をすることを許した。
その一方で、エジソンが好奇心から麦を貯めておく塔に落ちかけたり、川で溺れたりしたときは、樫の枝で叩いて厳しく叱った。
そして夜には、息子が無事だったことを神に感謝し、祈りを捧げた。祈る母の姿を偶然見かけたエジソンは、その姿を生涯忘れることはなかったという。
15歳になり、汽車内で新聞を売るボーイとして働いていたエジソンは、ある事故で聴力が弱まってしまう。落ち込むエジソンにナンシーは言った。
「あなたには眼も鼻もついているし、健康だわ。夢を捨てず、努力を続けなさい」
ナンシーの励ましもあって前向きになったエジソンは、「耳が不自由だとかえって集中できる」と言うまでになった。そして15歳から電信を習い、電信技師として働きながら実験や発明を続けていた。
22歳のとき、発明が高く評価されたエジソンは発明家として独立。喜んだナンシーだが、翌年、内臓の病に侵され、61年の生涯を閉じた。悲しみに暮れるエジソンはナンシーの墓前で、母の愛のように世界を照らす発明家になると誓う。
エジソンはその後も発明が行き詰まったときなどは、頭の中でナンシーをイメージし、意見を交わしていたという。
エジソンの日記には、「苦しいときは、私のすべてを受け止め、支えてくれた母の笑顔を思い出し、その無言の励ましに勇気づけられていた」と書き残されている。

cover_201104
続きは本誌へ