心のくすみアイキャッチ

心のくすみを取り払う 心の解毒術

毎日をハッピーに過ごすコツは、サラサラとした透明な心でいること。
読者のみなさんに、日々実践できる「心の解毒術」を聞いてみました。

音楽に合わせて瞑想すれば心もスッキリ
気分が落ち込んだときは、クラシック音楽をセレクトして瞑想をしています。音楽がその空間までも整えてくれるため、自分の心をその曲の波動に合わせるようにすると、心も落ち着いてくるんです。

(28歳・女性・メーカー勤務)

日本酒+粗塩のデトックス風呂
毎日のバスタイムは私の癒しの時間。バスタブに日本酒1カップと粗塩をひとつかみ入れて半身浴をすれば、汗がたくさん出て、デトックス効果抜群。まるで、心まで清められているようです。

(41歳・女性・会社員)

日記を書いて気持ちを整理
気持ちが落ち着かないときには、その日に感じたことや考えたことを文章やイラストにして日記をつけています。すべて書き出してしまえば感情が整理されて心のモヤモヤもスッキリ! 書きたいときにだけ書くことが長続きのコツです。

(25歳・女性・IT関連会社勤務)

人形で気持ちを代弁!
家族の前では、なかなか落ち込んだ姿を見せられないのが“お母さん”。そんなときは、娘との人形遊びで自分の気持ちを代弁しています。「はやく元気になってね」など、子どもがかけてくれる優しい言葉で力が湧いてきます。

(39歳・女性・パート)

手帳を眺めれば心が落ち着く
休日最後の日の夜に、一週間の予定を手帳にしっかり書くことで心が落ち着きます。「やるべきこと」をちゃんと整理しておくことで焦りが取り除かれ、リラックス。翌日からも慌てず仕事ができるんです。

(30歳・女性・イベント企画)

落ち込んだら、とにかく走る!
ストレスを感じたら、時間を気にせず、家の周りをひたすらランニング。走っていると次第にイヤなことが忘れられ、元気になるんです。学生時代、失恋して眠れなくなってしまい、毎日近所を走っていたら、50m走のタイムが1秒速くなったなんてことも。

(27歳・女性・会社員)

Illustration by Hiro Shimizu

cover_201101
続きは本誌へ