こころの三毒_20161

心の三毒

体内に老廃物がたまるように、放っておくと、心の中にも老廃物や毒素がたまっていきます。
その代表的なものが、仏教で「心の三毒」と呼ばれる「貪(とん)」「瞋(じん)」「癡(ち)」。この3つが、心の毒素の7割を占めるとも。
あなたにも思い当たるもの、ありませんか?

貪(とん)

食べ物やお金、異性、地位、名声などを、分不相応に「欲しい、欲しい」と思う心、過ぎた欲、貪欲(どんよく)のこと。どこまでも心が満たされず、苦しい。

瞋(じん)

ハリネズミのように反射的にカッと怒る心、短気、イライラ、恨(うら)み心など。強烈な怒りは他人や自分の心を傷つけ、ガンなどの病気の原因になることも。

癡(ち)

愚痴(ぐち)や不平不満でいっぱいの心。また、人生の真理、物事の道理に対して無知で愚(おろ)かなこと。そのため、正しい判断ができず、誤った道を進む。

参考文献:『悟りの挑戦(上巻)』¥1,835/『宗教選択の時代』¥1,835/『霊的世界のほんとうの話。』¥1,470(いずれも大川隆法 著/幸福の科学出版)
cover_201101
続きは本誌へ