心のお悩み診療所

Heart Hospital ー 心のお悩み診療所 ー

読者から寄せられた心のお悩みに、幸福の科学の“心のドクター”がお答え。人生をもっとハッピーに生きるためのヒントをお届けします。

今月のお悩み

友人のリストカットをやめさせたいのですが……。

26歳・女性・会社員

私の友人(女性・26歳)は恋愛や人間関係などでうまくいかないことがあると、リストカット(自傷行為)をしては周りを騒がせています。彼女はバイト中に彼氏から連絡があると、店長に無断で抜け出して会いに行ってしまうなど恋愛依存体質で、彼氏に振られたときはパニックになってリストカットをし、夜中の2時に電話で呼び出されたこともあります。現在は新しい彼氏ができ安定しているのですが、「また何かあったら」と心配です。彼女の家は代々医者の家系なのですが、3人兄妹のうち彼女だけが芸術系の道に進み、家族ともあまりうまくいっていないようです。大学時代から親しくしている大切な友人なので、ぜひ幸せになってほしいと思っています。どうすれば彼女の自傷行為を止められるでしょうか。

リスクを伝え、“もう絶対しない!”という約束を>
ご相談の内容から“彼女に幸せになってもらいたい”という優しいお気持ちが伝わってまいります。リストカットは大きな精神的ストレスを抱え、対処がうまくできないときに、行き場のないストレス解消の手段として行うものだと言われています。ストレス源のほとんどが対人関係だと言われ、“慢性的に繰り返しやすい”という問題もあります。
また霊的な視点で見ると、リストカットには「悪霊を引き寄せる」という危険性があります。誰かを恨んだり、自分や人生が嫌になって、感情の起伏が激しくなると、地獄の悪霊と波長同通して憑依されます。そして“悪霊に操られる”ようになると、本人の意志に反して“死に至る”こともあるのです。
自傷行為を止めるには、周囲からの援助が必要です。ぜひ親友であるあなたから、「危険だから、絶対にやらないと約束してほしい!」と愛情を持ってお伝えしましょう。自分を信じてくれる人と交わした約束は心のブレーキとなりますし、一度我慢して乗り越えることができればそれが「自信」となり、次はもっと止めやすくなります。“何とか耐えること”が、一番の治療法になるはずですよ。
恋愛成就の秘訣は「相手と一定の距離を取る」こと
また彼女は“恋愛依存体質”ということですが、やはり「家庭の愛情がほしい」というのが本音なのだと思います。おそらく「幼少期から両親の理解や評価が得られなかった」という寂しさや孤独感がおありだったのでしょう。特に感受性豊かで繊細な芸術家タイプの方は悲劇的なものとの親和性も高いので、深い心の傷を持ち続けているのかもしれません。
彼女の場合、親から与えられなかった愛(心の空白)を他の人からの愛情で埋めようとしたために、破局してしまったように思います。あまりにも理想的で完璧な愛を求め過ぎてしまったのかもしれませんね。
恋愛成就の秘訣は「相手と一定の距離を取る」ことです。適度な独立の精神を持つことで人間関係はよくなりますので、“相手から見て理想の女性になれるように努力する大切さ”もあわせて伝え、見守ってあげましょう。必ず幸福な未来が訪れることと思います。

心の処方箋

日ごろから“ご本人の気持ちを聴いてさしあげる”ことも大切だと思います。話すことでストレスが吐き出され、自傷したいという衝動も和らぎます。“リストカット以外のストレス発散法”を一緒に見つけてあげるのもよいでしょう。大きな声で歌ったり、感情を紙に綴ったりすることも効果的ですよ。

今回のお悩みを解決するおすすめの1冊

Information

心のお悩み募集中
読者のみなさまのお悩みを、手紙・メール・FAXで随時受け付けています。性別・年齢・職業・連絡先(任意)・お悩みの内容を明記のうえ、下記の宛先までお送りください。
※お送りいただいたお悩みは、採用された場合のみ誌面を通じて回答させていただきますので、ご了承ください。
〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-14
「Are You Happy?」編集部
「心のお悩み診療所」係
メール:happy@irhpress.co.jp
FAX:03-5573-7708

続きは本誌へ
記事DATA

伍井美知子 Michiko Itsui

幸福の科学学園 那須本校 宗教教育担当。1992年に幸福の科学に奉職し、東京正心館 講師やスター養成部 部長などを歴任。現在は幸福の科学学園 那須本校で、中学生から高校生までの宗教指導を行いながら、生徒や保護者たちの悩みに親身に答えている。