web-201701 -油井誠+

油井誠の映画で見るファッション

連載「希望の洋服店」でおなじみの油井誠氏が、「デザイナー伝」「メンズクラシック」「コスチューム」「現代ファッション」の4つの視点からファッションと映画をご紹介します。

女性の装いに自由をもたらしたココ・シャネル

デザイナー伝では、「アメリ」のオドレイ・トトゥが、シャネルの青春時代から世に出るまでを瑞々しく演じた「ココ・アヴァン・シャネル」(09年)がおすすめです。幼くして修道院に預けられ、18歳で洋裁店助手となり、夜はキャバレーで姉と歌う生活。知り合った貴族バルザンを訪ね、「パリの姉を訪ねたら留守で」と機転を利かせて居候してから人生が開き始めました。厳しくも与えられない人生でしたが、限られた可能性を智慧と勇気で選び取る女性が描かれます。20世紀初め、コルセットで締めたロングドレスに大きな羽根飾り帽子が常識の中、メンズのシャツやジャケットをアレンジした装いに黒いキャノチエ姿は異質でした。結果的に女性の装いに自由をもたらしたシャネルですが、その役割のために「与えられない」という導きが必要だったのかもしれません。現シャネル社も全面協力しています。

再注目の着こなし、メンズクラシック

ベストやスリーピース再注目の今、メンズクラシックでは「スティング」(73年)がお手本です。ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが、ギャングの親玉から大金をだまし取るSTING(信用詐欺)を仕掛ける痛快なお話です。禁酒法廃止後の1936年シカゴ。舞台劇のような場面展開で、実は観客も騙されていたと気付かせる仕掛けもあり。腰高な太めパンツにサスペンダー、ベストとジャケットにハットで決めるクラシックなスタイルが新鮮で、ポール・ニューマンのベストやタキシード姿がほれぼれするほどカッコいい。
「華麗なるギャツビー」(74年)もロバート・レッドフォード主演で、脚本はフランシス・フォード・コッポラでした。禁酒法真っ只中の1920年代、太いパンツにジャケット、共地のベストに派手なタイの男性と、スパンコールやラメドレスでチャールストンを踊る女性たちのファッションが華やかです。虚飾で固めた男心の純粋と、上流階級の心の虚ろを対比させているため独特の虚しさは残るものの、アカデミー賞を受賞した白を基調とした衣装デザインがまるでギャツビーの夢の世界。クラシックカーに並んだ男たちのスリーピース姿がとても美しいのでした。

絵画から再現した衣装にうっとり

コスチュームプレイの「恋におちたシェイクスピア」(98年)は、ジョセフ・ファインズがシェークスピア、グウィネス・パルトローが貴族の娘ヴァイオラに扮します。……

1月号表紙画像
続きは本誌へ
記事DATA

油井誠 Makoto Yui

長野県生まれ。関西外国語大学外国語学部英米語学科在学中にアメリカへ留学。卒業後、セツモードセミナーで絵と服飾デザインを学び、編集記者、ファッションモデルエージェントを経てファッション業界へ。メルローズのプレスを皮切りに、Men’s Melrose、TAKEO KIKUCHI、パーリーゲイツのメンズデザイナー、伊勢丹研究所のメンズコーディネーター、ラコステのメンズMDチーフ、リーバイ・ストラウスジャパンのバイヤー、MDプランナーなどを務める。現在はフリーランスとして活動中。