心のお悩み診療所

Heart Hospital ー心のお悩み診療所ー「夫のガンの原因は、私にあるのではと悩んでいます。」

読者から寄せられた心のお悩みに、幸福の科学の“心のドクター”がお答え。人生をもっとハッピーに生きるためのヒントをお届けします。

今月のお悩み

夫のガンの原因は、私にあるのではと悩んでいます。

(53歳・女性・主婦)

結婚25年目の専業主婦です。夫は昔から仕事や付き合いで夜遅くまで帰らないことが多く、子供や家庭には無関心の「仕事人間」。夫婦の会話もほとんどなく、話しても意見を否定されるような言葉ばかり返ってくるため、気が滅入る毎日でした。そんな日々が24年続いたある日、夫の胃ガンが判明。すぐに手術をし、幸い転移もありません。しかし、夫がガンになった原因は、私の「夫を責める心」にあったのではないかと悩んでいます。また暗い気持ちを持ち続けていたせいか、私も最近拒食症気味でよく眠れず、体調が優れない状態が続いています。離婚は考えていないので、できれば夫と良好な関係を築きたいと思っています。これから先、どのように夫と接していけばいいでしょうか?

病気は心の間違いに気付く“きっかけ”です

女性が結婚生活に対して、「夫と手を携えて、素晴らしい家庭を築きたい」と願うのは、ごく当然のことだと思います。夫婦らしい会話がないというのは、つらく寂しいことですので、今までよく耐えてこられましたね。ご主人が家庭を顧みず、「仕事人間」でいられたのは、妻であるあなたがしっかり家庭を守ってこられたからです。家庭のことを安心して任せられるからこそ、ご主人はあなたを人生の伴侶として選ばれたのでしょう。
おそらくご主人は、一途で仕事熱心で、仕事上のストレスも相当おありだったと思います。家族の相手をする心の余裕も体力もないほど、お疲れだったのかもしれません。しかし、“病気は心の間違いに気づくきっかけ”であり、修正すれば幸福になれるチャンスともなります。

ご主人の苦労を理解して〝家庭をくつろぎの場に〟

まず、「夫がガンになったのは、自分が夫を責める気持ちを持ち続けてきたからではないか」という点ですが、その可能性は否定できません。心には創造的な力があり、相手や自分を責める心は、破壊的・攻撃的な想念として働き、環境や肉体を悪化させます。まずは“笑顔と感謝の生活”を心がけましょう。「許せない」という憎しみの感情を持っていると、その精神作用によってまた病巣が出来てしまいますので、「相手も自分も不完全な人間なのだ」と思い、恨み心は捨て去ってください。病気が治るかどうかや、幸福な家庭を築けるかどうかは、「心の力」の使い方にかかっています。
またご主人の苦労を理解して、“家庭をくつろぎの場にする”ことも大切です。「夫は長い間、生命を削って、家族を護ってくれていたのだ」という点を認めて差し上げると、あなたの体調もご主人の態度も、きっと変わってくるでしょう。そして部屋に花を生けたり、静かな音楽を流したり、旦那さまが安眠できる寝具に変えてみたりと、家事を楽しみながら行うのもいいですね。
いずれご主人も退職され、夫婦で過ごす時間も訪れます。ぜひ今のうちから、穏やかで幸福な日々をイメージしてみてください。まるで磁石のように、心が思い描いた未来を引き寄せることでしょう。

心の処方箋

夫婦の会話が少ないのなら、ねぎらいや感謝の言葉をカードに書いて、食卓や洗面所にそっと置いてみてはいかがでしょう。また、年齢的に更年期障害も考えられますので、一度婦人科を受診してみることもお勧めします。ホルモンのバランスが整うと心も安定し、不眠や食欲不振も改善されると思いますよ。

Information

心のお悩み募集中
読者のみなさまのお悩みを、手紙・メール・FAXで随時受け付けています。性別・年齢・職業・連絡先(任意)・お悩みの内容を明記のうえ、下記の宛先までお送りください。
※お送りいただいたお悩みは、採用された場合のみ誌面を通じて回答させていただきますので、ご了承ください。

〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-14
「Are You Happy?」編集部
「心のお悩み診療所」係
メール:happy@irhpress.co.jp
FAX:03-5573-7708

奇跡のガン克服法

奇跡のガン克服法

大川隆法 著/幸福の科学出版 

¥1,944

医学は進歩しているのに、なぜガンは増えつづけているのか。ガンや病気を引き起こす心の傾向性や、心が本来持つ治癒力を解き明かした一書。癒しのオリジナル瞑想CD付き。

 

表紙11
続きは本誌へ
記事DATA

伍井美知子 Michiko Itsui

幸福の科学学園 那須本校 宗教教育担当。1992年に幸福の科学に奉職し、東京正心館 講師やスター養成部 部長などを歴任。現在は幸福の科学学園 那須本校で、中学生から高校生までの宗教指導を行いながら、生徒や保護者たちの悩みに親身に答えている。