World Women’s News 「乳がん増加の背景と奇跡を起こすがん治療法とは」

世界で日々起こる様々なニュースの中から、女性にとって身近な話題をピックアップ。“女目線”で社会について考えます。

今年6月9日、妻であるタレント小林麻央さんが乳がんであることを発表した歌舞伎俳優・市川海老蔵さん。〝梨園の妻〟として夫を献身的に支える二児の母、麻央さんの病は雑誌やテレビで大きく取り上げられました。
昨年3月には、ハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリーさんが遺伝的な乳がん、卵巣がん発症のリスクを抑えるため、乳房・卵巣・卵管の切除手術を行ったことを告白。同年9月には元女子プロレスラーの北斗晶さんが乳がんを公表し、右乳房の全摘手術を行いました。
世界的にも注目が集まる「乳がん」。麻央さんは乳がんがステージ4であることも告白しています。ステージ4とはどのような症状なのか、公立病院に勤め、乳がんを専門とする近藤先生(仮名)はこう話します。
「ステージ4は遠隔臓器に病巣が転移した状態ですが、乳がんでは脳・骨・肺・肝が多く転移する部位といわれています。麻央さんは肺と骨に転移ということですが、病巣が大きくなれば呼吸困難や痛み、骨が折れやすくなるなど、さまざまな症状が考えられます。
麻央さんは現在34歳。35歳未満の乳がんは『若年性乳がん』と呼ばれます。各自治体によるマンモグラフィー検診の対象は40歳以上であることが多く、若年性乳がんの場合、症状が出てから受診し、がんが進行した状態で発見されるケースが多いのが現状です」

―――続きは本誌へ―――

乳がんを専門としている近藤先生に聞きました
乳がんQ&A
乳がんって遺伝するの?
乳がんの中の5~10%は遺伝性であると言われていますが、その他の多くの乳がんは環境や生活習慣などが複雑に関連して発生します。遺伝性を診断する遺伝子検査には健康保険が適用されず20万円以上かかるため、日本ではまだ一般的ではありません。
乳がんの検診の頻度は?
40歳以上の女性は、2年に1度の検診が推奨されています。マンモグラフィー検査ではしこりとして触知する前の段階で乳がんを発見できる可能性も。検査による被ばくを心配される方もいますが、放射線量は微々たるもので、東京からサンフランシスコへ行くときに受ける約半分の放射線量でマンモグラフィーの撮影ができます。
乳がんは授乳で子供にうつりますか?
母乳にがん細胞が混ざっていても、子供ががんになる心配はないので安心してください。

12月号表紙
続きは本誌へ