希望の洋服店 M SELECT Vol.1 「サイズ感」 ジャケット編

「パートナーをもっと美しくオシャレにしたい」――そんな女性たちの願いを叶えるファッションコラム連載がスタート! メンズファッション業界の裏側を知り尽くした油井誠氏が、読者のファッションのお悩みを希望へと変えていきます。

 

読者のお悩み

そろそろ夫のジャケットの買い替えを予定しています。ジャケットをかっこよく着こなすためのサイズ選びのポイントを教えてください。

◆◆◆

 ジャケットは、戦国時代なら鎧兜にあたる重要アイテム。ジャケットを着ると背筋が伸びて、男性をもう一段立派に見せてくれますよね。特に9月は秋冬の提案が揃うファッション月なので、アップデートにはおすすめのタイミングです。

実は、サイズ感にもトレンドがあります。S、M、Lなどという表記は「ヌード寸」といって、身体自体のサイズのこと。洋服を設計するには、そこに一定のゆるみ分量をプラスするので、シーズンや素材、ブランド、デザイナーによって変わってきます。全体のトレンドとしては、今までのスリム傾向から、カジュアルでは特に、ややゆとりあるシルエット提案が増えてきました。
ジャケットのサイズチェックは4点。“ジャケットは肩で着る”というように、まずは「肩の収まり」がもっとも重要です。肩パットや芯地を使うテーラードでは、全体設計に関わるため、肩のお直しは難しい。肩の収まりが悪いと、胸や背中、袖に不自然なシワやツレができてしまいます。
次は「胸周り」。ボタンを閉じた状態で拳がひとつ入るくらいのゆとりが目安です。ボタンは全部締めず、2つボタンは上ひとつ、3つボタンは上ふたつか中ひとつを留めるのが一般的な着こなし。シングルでは、最近はまた2つボタンが主流です。
3つめは「袖丈」。腕を軽く伸ばしてシャツの袖が1.5㎝ほど見えるバランスが美しいですね。
最後は「着丈」です。トレンドや合わせるパンツにもよりますが、お尻がある程度隠れるぐらいが望ましいでしょう。
日本でもおしゃれを楽しむ男性は確実に増えています。東京は世界有数のファッション都市で、世界中のブランドが手に入るほか、ドメスティックブランドやセレクトショップも多く、海外のアパレル関係者もリサーチに来てサンプリングしていくほど。東京のメンズファッションのレベルは高いんです。試着の際は、販売員に情報やアドバイスをどんどん聞き出してください。男性はうんちく好きなので、きっと会話が弾みますよ。

 ◆◆◆

・・・続きは本誌でお楽しみください・・・

Are You Happy? 9月号

続きは本誌へ
記事DATA

油井誠 Makoto Yui

長野県生まれ。関西外国語大学外国語学部英米語学科在学中にアメリカへ留学。卒業後、セツモードセミナーで絵と服飾デザインを学び、編集記者、ファッションモデルエージェントを経てファッション業界へ。メルローズのプレスを皮切りに、Men’s Melrose、TAKEO KIKUCHI、パーリーゲイツのメンズデザイナー、伊勢丹研究所のメンズコーディネーター、ラコステのメンズMDチーフ、リーバイ・ストラウスジャパンのバイヤー、MDプランナーなどを務める。現在はフリーランスとして活動中。