ケンカ、DV、不倫、浮気… “夫婦の危機”を迎えないために

年明け早々にタレント・ベッキーの不倫騒動が起こり、その後も不倫スキャンダルと謝罪会見がマスコミを騒がせている2016年。夫婦関係の危機について、世相もあわせて探ります。(編集部 駒井春香)

 

夫が貯蓄を使い込み

結婚してすぐに妊娠し、半年間実家に帰りました。無事に出産を終えて家に戻ると、なんと子供のために使うと約束していた貯蓄がかなり使われていて茫然。私がいない間、毎日外食などをしていたようですが、金銭感覚の違いに衝撃を受けました。(29歳・子供1人・結婚4年目)

お義母さんが酒乱

夫は優しくて仕事もちゃんとしているのですが、夫の母がお酒を飲むたびに暴れます。同じ市内に住んでいるため、月に何度か孫を見せに行くのが憂鬱で夫と口論し、実家に帰ったことも。一時はお義母さんのせいで離婚まで考えました。(41歳・子供3人・結婚16年目)

キャバクラにハマり…

夫がキャバクラにハマっていたことが判明。お気に入りの女の子に送信したメールの甘~い文面を見て、気が狂いそうになりました。夫は“キャバ嬢と客”以上の関係になりたかったようですが、どうなったのかはわかりませんし、知りたくもありません。(35歳・子供2人・結婚8年目)

 

ーー危機回避のためにはーー

著名人の度重なるスキャンダルや、ドラマのテーマとしての盛り上がりからみても、不倫や浮気、家庭崩壊といった「夫婦の危機」が、今までよりも身近なものになりつつあるのかもしれません。
そんな時代の中で「夫婦の危機」を迎えないために、妻としてできることは何でしょうか……。

 

・・・続きは本誌でお楽しみください・・・

続きは本誌へ