祈りの力が奇跡を起こす 読者のヒーリング体験談②

「Are You Happy?」の読者から寄せられた、心と体の病気克服体験談をご紹介します。

 

「絶対に回復する」 家族、友人の祈りが起こした奇跡のガッツポーズ

2009年のお正月のことです。妻や友人たちと、ボランティアとして近所の神社に出店を出していたのですが、3日目の準備をしているときに突然倒れ、意識を失いました。搬送された病院での診断は脳出血。
「今夜がヤマです。命が助かっても、右半身不随か重い後遺症が残ってしまうでしょう」
医師からはそう診断されたそうです。妻はそのまま病院に泊まり、友人たちは一旦帰ることになりました。
妻は当日のうちに幸福の科学の精舎である総本山・正心館と総本山・未来館に連絡。「強力・病気平癒祈願」を受けました。娘にも電話をすると、娘が通っていたサクセス№1でも祈願をしてくれることに。
そしてその夜中、不思議なことが起こりました。まだ意識を取り戻していなかった私の右腕が突然動き、ガッツポーズをしたというのです。
(右腕は動かないはずなのに! これはもしかして……)
妻は驚きながら、友人に電話をしたそうです。
「もしかして今、夫のために祈ってくれていなかった?」
「祈っているに決まってるじゃないですか!」
危篤状態で私が生死の境をさまよう中、同じ幸福の科学の信仰を持つ友人たちは、1時間ごとに「エル・カンターレ ヒーリング」を行じて、一晩中祈り続けていたのです。
「絶対に佐伯さんは死なせない! みんなで祈りましょう」
さらに友人たちを通じて、私を知らない人たちまで東京中から祈りを捧げていてくれていたそうです。今でも「あの時、私も祈っていたのよ」と初対面の人に言われることがあります。
おかげで私はなんとか一命を取り留め、目を覚ましました。しばらくは右半身に麻痺が残っていたものの、奇跡的に回復。入院から1カ月後には無事に退院でき、今は大型トラックの免許を取得してトラック運転手として働いています。
私の奇跡的な回復も、妻が「必ず回復する」と確信して心穏やかに過ごせていたのも、神のご加護や幸福の科学の信仰・祈願、そして家族と友人たちの祈りのおかげだと感謝しています。

東京都・男性
H.S さん

続きは本誌へ