幸福実現党党首 釈 量子党首の一問一答!

日常の小さな悩みや政治の疑問にズバッとお答え!

一問一答イラスト

 

Q.「福島安全宣言」って言ってるけど、健康被害が出てからじゃ遅いんですよ

A.震災から5年、健康被害は出ていません

福島第一原発事故による健康被害は出ていないどころか、「南相馬市周辺では、避難生活の運動不足で糖尿病が増加している」というデータも。放射線量が安全なレベルに低下した地域がほとんどですが、政府は必要ない除染作業に2兆円以上の予算をかけ、今年度末には3兆円を超えるという試算も出ています。

幸福実現党の政策は!

・放射線量が低く、移住可能な区域に関しては避難指示を解除します。
・避難指示解除区域のインフラ復旧と生活支援策を講じます。
・正式な「福島安全宣言」を発出して、東北の復興により力を入れていきます。

 

Q.学校だけじゃ受験勉強には足りないし、塾にも通わせないと…

A.教育の質を向上させ、塾に頼らない学校を実現します

子供の学力低下やいじめ問題など、現在の教育現場には問題が山積みです。塾に通わなくても学校で質の高い教育を受けられるようにするためには、まずゆとり教育を見直し、教育のレベルを高くすることが大切。また、教育基本法に基づいた宗教的な情操教育を充実させることで、いじめ問題を解決し、未来に向けて徳ある若者を輩出してまいります。

幸福実現党の政策は!

・教育内容と授業時間をゆとり教育導入以前の水準に戻します。
・子供たちの学力向上を可能とする公立学校を実現し、塾通いを不要にすることで、家庭の教育費を軽減します。
・塾を学校として認めるなど、多様な教育を選べるようにします。

 

・・・続きは本誌でお楽しみください・・・

続きは本誌へ
記事DATA

釈量子 

幸福実現党党首

1969年11月10日、東京都小平市生まれ。國學院大學文学部史学科卒業後、大手家庭紙メーカー勤務を経て、1994年に宗教法人幸福の科学に入局。学生局長、青年局長、常務理事などを歴任。幸福実現党女性局長などを経て、2013年7月幸福実現党党首に就任。

公式サイト