母娘ホンネ事情 -母Side-

物心つく前から、母に対して細かく指摘したり、思春期には胃が痛くなるほどのきつ~い言葉をぶつけたり……。1番近い同性の“娘”は母にとって、かなり厳しい存在? 娘との赤裸々な葛藤を暴露した、母目線のホンネ座談会です。

Aさん (48歳・パート長女(17歳)、長男(11歳)の母)  私にとっての娘 良くも悪くも「自分の鏡」みたいです。

Bさん (47歳・パート長女(14歳)、長男(12歳)、次女(11歳)、次男(5歳)の母)  私にとっての娘 ケンカしながらも「人を愛する方法」を学ばせてもらってます。

Cさん (52歳・専業主婦長女(20歳)、長男(16歳)の母)  私にとっての娘 私が変わるチャンスを与えてくれましたね。

 

娘は幼いときから母に厳しい!?

 娘って、母親に対して厳しいよね。うちは3歳のころから厳しかったよ~。
 そんなに早くから?
 「なぜあれをしたの?」「これをしないの?」と細かく追及されて。子供の連れ去り事件や食中毒が社会問題になっていたころで、私も過敏に娘に注意していたから、真似をしてたのかもしれないけど。
 うちの中3の娘も、何か注意すると、「ママもできてないじゃん!」って言い返される(苦笑)。それがまた的を得ててね。
 結構、胃にくるよね。うちの娘は高3になった今も、まだ厳しいよ。家事は手伝ってくれるけど、「やってあげてるんだから」といつもピリピリしてる。
 私も娘に、「洗濯物を畳んでほしかった」とポロッと言ったら、「何言ってんの? 弟のお迎えに行って、洗濯物も干しておいてあげたのに」って怒られて。お礼から入るべきだった(苦笑)。
 「家事はお母さんの仕事でしょ?」っていう気持ちがあるのよね。育て方間違えたと思ったもん。小さいときから、もっとお手伝いを徹底しておけば……。
 うちは大家族だから、お手伝いの習慣はあるけど、長女は中2ぐらいからお風呂掃除をやらなくなって。「私、シャワーしか使わないし。私が掃除するのっておかしくない?」って。それで兄弟ゲンカが始まり、5歳の息子が「お小遣いくれるんだったらやるよ~」って言う(笑)。
 あはは(笑)。
 前はいろいろ手伝ってくれたんだけどね。今は何に対しても「めんどくさっ」って言うから。
 わかる!
 注意すると、「うるさい!」って怒鳴られる。一言でとどめを刺されて、私は何も返せない。
 怖いよ~(苦笑)。
 うちの娘も中学のときが一番イライラしてたわ。
 学校での人間関係や受験のストレスで、今はあらゆることが内申書に響くから、学校生活も結構ストレスなのよね。

 

「実は私も母親に同じことをしてました」

 でも実は、私自身も母に対して厳しくて、母に女性としての理想像をすごく求めてたの。だから、当時の自分と今の娘の姿は重なるところも多いかな。
 そうだったんだ。
 歴史は繰り返す(苦笑)。
 そうそう。うちは両親の仲が悪くて、母から父に対する愚痴を聞かされてたの。そのとき、「だったら離婚すれば」と母に言っちゃったり……。母に対して、「自立して、一生懸命に生きろ」的な本音をぶつけてました。
 それはお母さん、グサッとくるね(苦笑)。
 もちろん体裁もあるし、女手一つで育てていく生活力もないから、離婚できないことは子供心にわかってはいたんだけど。だから当時から、「私はこうはなってはいけない。女性も一生涯、手に職を持って生きていかなきゃ」と思ってた。
 そうだったんだぁ。
 それでね、その思いが家庭の不和を呼んだことがあったの。結婚10年目で夫が浮気して、相手も既婚者で、今で言う〝ダブル不倫〟。
 え~!?
 でも、すぐにバレて、夫は「離婚するつもりはない。不倫は止める」と。そのとき、前々から「夫が浮気をしたら別れよう」と思っていた自分に気づいたんだよね。
 へ~。
 ある意味、潜在意識で、私自身が離婚の理由を求めていたというか。それで、思いを変えなきゃと思って。「何かあったら離婚しよう」じゃなく、「何があっても添い遂げよう」と。夫と出会ったとき、ビビビッときて結婚したから、やっぱり縁があるだろうと思って。
 すごい、聖子ちゃんと一緒。
 そうよ(笑)。娘とぶつかっていたのも、私自身が「娘は性格が主人と似てて嫌」と思っていたからと気づいたの。それで、夫や娘への拒絶を止めて、受け入れようと意識したら、普通に会話ができるようになってきた。
 それまでは会話がなかったの?
 話はしてたけど、やっぱりぎこちなくて。結局私は、両親に影響されて、幸せな家庭をイメージできていなかったんだよね。

 

夫婦調和に取り組んで娘の不登校が解決へ

 私もAさんと重なるところがあるわ。うちも、母がいつも父のことを愚痴ってたの。経済的にも苦労してたから、「結婚しなきゃよかったのに」とか「子供産まなきゃよかったのに」と思ってた。そしたら私も、夫との関係がうまくいかなくて……。

・・・続きは本誌でお楽しみください・・・
Are You Happy? 6月号

 

 

続きは本誌へ