衝撃!コスモ体験「真空管の中!?」(30代女性・茨城県)

社会人1年目のことです。当時、私は仕事がうまくいかずに失敗続きで、毎日どん底の気持ちでした。

そんなある日のこと。いつものように家で泣きべそをかいていると、突然、「私、もう地球にいるの無理! 地球から逃げたい」という強い衝動が湧きあがってきました。どうしてそんな発想になったのかはわかりませんが、とにかく、「地球」にいるのが我慢ならないような、不思議な気持ちで心がいっぱいになってしまったのです。

しかし、現実には翌日もいつも通り仕事にいかねばなりません。私は目覚まし時計をセットし、「逃げたい」衝動を押し殺したままベッドにもぐりこみました。

布団に入ってから、1時間ほど経ったころでしょうか。うとうとしかけたとき、突然、目を閉じているまぶたの裏に緑色の光が見えはじめたのです。チカチカと気分が悪くなるようなその光はだんだん激しさを増し、気付けば、まるでひゅんひゅんと音が聞こえてきそうなほどの速さでまぶたの裏を飛び回っています。

そのうえ、いつの間にか耳の奥から金属音のような音が聞こえてきたのです。キーキーと金属を引っかくような音と、目が回るように尾を引いて飛び交う緑色の光……。まるで、壊れた真空管の中にでも入ったような感じで、どんどん不安が募っていきます。

(もしかして、UFOの吸引ビームだったらどうしよう……。いや、行きたくない!)

ときおり、ふわっと体が浮くような感覚を覚え、いよいよ不快感は増し、疑惑が恐怖に変わり始めました。「地球から逃げたい」などと思ったことを激しく後悔しましたが、後の祭りです。なんとかこの状況から逃れたい一心の私は(寝るしかない!)と決め込み、無理やり寝ることだけに神経を集中させました。

気付けば朝に。部屋の様子などに何も変わったところはないものの、うっすらと浮遊感だけが残っています。あのあと何があったかは想像もつきませんが、もう二度と、「地球から逃げたい」などとは思いません。

cover_201009
続きは本誌へ

タグ