小野小町に学ぶ言祝ぎ実践シート

日本では古来より、「よい言葉はよいものを招き、悪い言葉は悪いものを招く」という言霊の力が信じられてきました。日常の中で何気なく使っている言葉に、その人の内面が現れます。言葉の効用を知って、言葉美人を目指しませんか?

 

美しい言葉の力

日本最古の歌集『万葉集』には「大和の国は、言霊が幸いをもたらす国である」と記されています。「言祝ぐ」という語句には、言葉で祝福を述べるという意味がありますが、これが「寿」の語源となっていることから、古来より「祝いの言葉を口にすると、幸福が訪れる」と信じられていたことがうかがえます。人に向ける優しい言葉や、自分自身を励ます言葉は、それ自体がしあわせを引き寄せる力を持っているのです。

 

呪いの言葉の力

結婚式では「別れる」「去る」等の言葉を使ってはいけないなど、日本には不吉な意味の言葉を避ける「忌み言葉」という風習があります。言霊が今より深く信仰されていた平安時代には、呪詛の言葉で政敵やライバルを呪ったという事例も残されています。メールやSNSの発達によって、軽い気持ちで人を傷つける言葉が使われることも多い現代。しかしその言葉は確実に他人や自身を縛る「呪い」となっているのです。

 

言霊の“見える化”平安時代のあゆは御前さんの場合

 

①平安時代のある貴族の妻、あゆは御前さん。口を開けば、「うちが貧乏なのは、全部旦那のせいよ!」といつも夫の愚痴ばかり。

 

②ある日、あゆは御前さんは自分の言霊が夫を苦しめていると気づきました。もしかしたら、それが夫の仕事にまで影響していたのかも……。「私ったら、なんてひどいことを」

 

③「いつもありがとう。私、今の暮らしがしあわせよ」と、心から感謝の言葉を向けると、呪いの言霊は夫の元を離れて消えてしまったのでした。

『美とは何か』小野小町の霊言
大川隆法 著/幸福の科学出版
幸福の科学出版
Amazon

 

・・・続きは本誌でお楽しみください・・・

続きは本誌へ