ハンナ・アーレント、カール・マルクス… あの思想家は選択上手?霊言でわかる天国・地獄

情報の選択で思想は作られ、思想の選択で死後の行き先まで変わってしまいます。歴史に名を残した人物だとしても、天国に還った天使もいれば、地獄に堕ちてしまった霊も……。大川隆法総裁の霊言からわかる、偉人たちの本心や死後の行き先を見てみましょう。

 

「神の愛」があるか、ないか。

ハンナ・アーレント(1906~1975)の霊言

ナチズム政権下、ユダヤ人として自身も迫害を受けながら共産主義と戦い続けた女性哲学者アーレント。彼女は、「悪は悪人が作り出すのではなく、思考停止の凡人が作る」と主張しました。霊言においてもその姿勢は変わらず、「“神の正義”に近い愛を持つこと」について講義を行います。思想・宗教的対立を解決するには「互いに友人となれる新しい宗教」が必要と語るアーレントは、まさに現代の預言者でした。

アーレント

 

『ハンナ・アーレントスピリチュアル講義「幸福の革命」について』

大川隆法 著/幸福の科学出版
幸福の科学出版
Amazon
Kindle版電子書籍

 

嫉妬は、君、人間の本性だよ。

カール・マルクス(1818~1883)の霊言

代表作『資本論』で徹底的に資本主義社会を批判したマルクスは、共産主義・社会主義の生みの親として知られています。霊言によって現代に呼び出されたマルクスは「貧しい者から搾取する金持ちに筆誅を加えたかった」と自らの“正義”を語りました。豊かさに対する嫉妬や人間を機械以下だと考える唯物論的な思想を持っていたマルクスは、200年経った今も自分が死んでいることが分からず、地獄の最深部に“隔離”されています。

マルクス

 

『マルクス・毛沢東のスピリチュアル・メッセージ』

大川隆法 著/幸福の科学出版
幸福の科学出版
Amazon

本誌では、科学者のダーウィン、ウォーレスが天国・地獄の一体どちらに還ったかを解説!

・・・続きは本誌でお楽しみください・・・

続きは本誌へ