5b41259a5f2a71841a5e313baca95961_s

子育て、あげまん、愛国心…… あなたに読んでほしい本

本誌で連載中の「Happyあげまん塾」松尾まどかさん、「釈量子のライジング・サン」の釈量子さん、「子育て110番」の奥田敬子さん の3人が選ぶ、あなたに読んでほしい本をご紹介します。

 

『賢い女は男を立てる』
ローラ・ドイル 著/三笠書房  ¥596

“気づいたらご主人に上から目線で指図していないか?”“夫をコントロールしていないか?”“自分が変われば相手も変わる”など、ドキッとする視点満載。具体的な夫婦調和の事例から、夫を立てるあげまん妻のポイントが学べます

『功名が辻』(全4巻)
司馬遼太郎 著/ 文春文庫 ¥648

自らの嫁入り資金で、夫・山内一豊に馬を買い与え、出世へのきっかけをつかんだ妻・千代のエピソードは有名。司馬遼太郎さんによる、史実に基づいたあげまん事例集であり、妻の内助の功は判断力、決断力、不動心にあると納得!

 

『一九四六年憲法――その拘束 』
江藤 淳 著/文藝春秋 ¥1,296

“黙殺権”――それはマスコミに根強く残る、戦後のGHQの占領政策による、言論統制の影響。著書の江藤淳氏は、本書でその秘された歴史を鋭く暴きます。最近改めて読んでみたら、寝食を忘れそうになるくらい夢中になりました

『大川隆法の“大東亜戦争”論 [上巻]』
大川真輝 著/幸福の科学出版 ¥1,404

歴史の出来事が俯瞰して分かりやすく書かれた“正しい歴史観”が身に付く、若干21歳の著者による1冊。戦時中を生き抜いたある女性は、本書を読むと当時の記憶が蘇ると言ったほど、当時の方の気持ちにも迫るものがあります

 

『お父さんのための子どもの心のコーチング』
菅原裕子 著/二見書房 ¥1,404

家庭には、子供をやさしく抱きしめて安心感を与える母性と、自立・責任・人の役に立つ喜びを教える父性の両方が必要だとわかります。本書の内容を実践すれば、お父さんもお母さんも器のでっかい親になれますよ♪

『子どもの「花」が育つとき』
内藤寿七郎 著/小学館
(※現在は品切れ。古書店、インターネット書店、図書館などで入手できる場合も)
真夜中に小児科に駆け込んだら、知恵と愛情たっぷりの神様のようなお医者様に出会えた~(TT)! 内藤先生があなたをきっと幸せにしてくれます。とくに睡眠不足のママ、イヤイヤ期で爆発しそうなママにおすすめ!

続きは本誌へ