79a8cc70458942ed7e9b466d4e4d7b41_s

まずはお母さんが知っておきたい偉人伝・織田信長

戦国時代に終わりを告げた天下人

若いころは破天荒な性格で“大うつけ”と呼ばれた織田信長は、父の跡を継いで尾張を統一し、桶狭間の戦いや長篠の戦いで勢力を拡大。1575年には朝廷より右近衛大将、実質の「天下人」と認定されます。しかし天下統一が目前に迫ったとき、部下だった明智光秀の謀反によって本能寺で命を落とします。激しい性格から評価が分かれる部分もありますが、卓越した軍事能力で戦国時代を終わらせたカリスマ的英雄です。

 

子供に伝えたいエピソード

民衆を思う気持ちが「徳」となる

当時、京都では暴力や略奪が横行し、民衆は安心して暮らせませんでした。そこで信長は、「銭一文でも略奪した者は斬首する」と、厳しい取り締まりを行いました。結果、京の都に平和が訪れ、信長は民衆から厚い支持を受けます。民を思うがゆえの取り締まりが「徳」となり、天下人への道を拓いたのです。

『織田信長の霊言』

『織田信長の霊言』

戦国の覇者が示す国家ビジョン
大川隆法 著 / 幸福の科学出版
幸福の科学出版
Amazon
※全国の書店をはじめ、Amazonなどでお求めいただけます。

続きは本誌へ