幸福実現党・釈 量子党首インタビュー 日本が大好きな子供たちを育てる! ママたちのミッション(2015年8月号)

子供たちの未来を輝かせるためにママたちができることとは一体? 子供たちを育む、「教育」という大きなテーマについて、幸福実現党の釈量子党首に話を伺いました。

 

自分に自信が持てない子供たちが増えている

「セミナーや講演などで、学生たちを前に話をする機会がよくありますが、学生から『自尊心が高まる話をしてほしい』という要望を多くいただきます。

学生たちの話をよく聞いてみると、彼らはこれまで学校の価値観や偏差値といった物差しで測られ、他人と比較され続け、親からもあまり褒められた経験がないというのです。若い世代の方たちが、“劣等感の塊”のように育っていることに、とても危機感を感じています」

自尊心の低下の弊害とは

一般社団法人全国高等学校PTA連合会が平成25年度に調査した「全国高校生 生活・意識調査報告書」によれば、日本の高校生は諸外国の高校生に比べ、約20%も自尊感のレベルが低いというデータも示されている。自尊心の低下が招く、子供たちへの弊害とは?

「自信がないと、人生全般に大きな影響を及ぼします。“自分は尊い存在だ”と思えなければ、他人も自分と同じように尊い存在だと思うことができず、友情を育んだり、異性を愛して健全な家庭生活を営んでいくことはできないでしょう。

さらには、自信がないと、やたらとプライドが高くて他人を見下すなど、卑屈な性格になってしまいます。自信という“重し”がないために、突然キレたり、暴力をふるう子供に育ってしまうこともあります。

自尊心というのは、人生を生きる上でどうしても欠かせない、自分の“核”になるものなのです。

日本という国のレベルで考えてみても、自尊心の低下の影響は大きいものです。一人ひとりが自国に対しての自信や誇りを持っていなければ、ウソを並べたてるような国との外交において、とても不利な立場に立たされ、相手の言いなりになって、日本の経済がどんどん衰退していくこともあり得ます。子供たちや日本の未来を輝かせるためには、どうしても、自尊心や日本への誇りを養うための教育が必要なのです」

お母さんたちも戦後の“自虐史観教育”で育ってきている

現在、中国がユネスコの世界記憶遺産に「南京大虐殺」「従軍慰安婦」の資料を登録申請していることが問題になっている。釈党首は、5月末にパリのユネスコ本部を訪れ、中国の資料が“歴史をねつ造したもの”であることを検証した申し入れ書を提出し、登録申請の却下を求めた。ウソの歴史が“当たり前”のように教科書に書かれていたという驚きの現状。このような事態を招いたわけは?

「日本は1945年の敗戦を機に、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)によって言論統制されるとともに、教科書が墨塗りになりました。『わが国』という言葉は消滅し、“愛国心”がなくなるような教育をされてきたのです。さらに80年代に入ると、中国・韓国から教科書について干渉を受けるようになり、1996年、検定に合格したすべての中学校教科書には、現在、世界で問題になっている、『従軍慰安婦問題』が掲載されるようになりました。

国を守るために戦争で戦ったおじいちゃんや先祖たちへの尊敬や感謝を失わせ、さらには、『日本は悪い国だ』という概念をすり込ませる教育が行われてきたということです。戦後70年間の日本の教育は、自分の国に誇りが持てない、“自虐史観”によるものだったといえるでしょう。子供の未来のためにも、この現状を何とか変えなければなりません」
 

母親の祈る姿に尊さを感じる

お母さんたちが家庭で実践できる教育について伺った。

「子供は親の生き方を見て感じ取り、吸収していきますが、家庭で親の姿を通して、人間として一番大事なことを学んでいくのですね。

先日、仕事で出会った若者が、人格的にずいぶん立派だったので、参考までにお母さんはどのような方か訊いてみたんです。すると、『学生時代に、ふと母の部屋を開けたら、自分の受験合格をお祈りしていた。あの姿は一生忘れません』と言っていました。子供や夫、自分以外の誰かのために敬虔に祈る姿は、普段見ているお母さんとは全く違い、後光が差すほど尊く見えるようです。

口で叱るより、お母さんがふと見せる、神様に対する無私な姿は、かけがえのない思い出として、また心の栄養として刻まれるということですね」

子供と一緒に先人の足跡をたどってみよう

「さらには、歴史のスポットに子供と一緒に足を運び、お母さんから歴史を語ってあげることをおすすめします。単なる暗記だけの勉強ではなく、実際に足を運び、偉人たちの生き方を目で見て感じることで、子供が歴史を“自分ごと”として捉えられるようになるでしょう。

たとえば、大阪に行ったら『仁徳天皇陵』に行ってみたり、高知では坂本龍馬のゆかりの地を巡ってみるのもいいと思います。最近のおすすめは、福岡で鎌倉時代に元軍の襲撃を阻止するために博多湾に築かれた防塁の跡『元寇防塁』と、その近くにある『筥崎宮』です(下写真)。

釈党首おすすめ!子供と一緒に行ってみたいスポット

「筥崎宮(はこざきぐう)」&「元寇防塁(げんこうぼうるい)」
「筥崎宮」とは?
応神天皇(第十五代天皇)を主祭神とし、神功皇后、玉依姫命が祀られている神社。元寇に際し、亀山上皇が「我が身を以て国難にかわらん」と敵国降伏の祈願をし、神門に「敵国降伏」の宸筆を奉納。その結果、博多湾に「神風」が吹き、敵兵に大打撃を与えたとされることから、以来、厄除・勝運・海上交通の神様として、人々の信仰を集めている。
(左上写真)国指定重要文化財の楼門には、「敵国降伏」の文字が。
(左下写真)高さ約6mの亀山上皇の像。
(右下写真)国歌「君が代」の歌詞に登場する、「さざれ石」が境内にある。

hakozakiguu

北条時宗のように、国を護った武士の精神は、家族や会社、国や世界への責任感に通じるものがあります。『徳育』にぴったりだと思います。

このように歴史を学び、知れば知るほど、“目からウロコ”が落ちるように、これまでの常識が崩れ、『日本は素晴らしい国だったんだ』と、日本に対しての誇りや、先人への感謝の思いが湧いてくるでしょう。

子供に自分や国に対して誇りを持たせることが、お母さんたちのミッションです。

幸福実現党では、自虐史観の払拭に取り組みながら、宗教に根差した情操教育の大切さや、高度な教育が受けられるよう、教育の自由化を訴え、日本を世界に誇れる国にするための活動を続けてまいります」

記事DATA

釈量子 

幸福実現党党首

1969年11月10日、東京都小平市生まれ。國學院大學文学部史学科卒業後、大手家庭紙メーカー勤務を経て、1994年に宗教法人幸福の科学に入局。学生局長、青年局長、常務理事などを歴任。幸福実現党女性局長などを経て、2013年7月幸福実現党党首に就任。

公式サイト