【後半】守護霊の導きで幸福な人生を生きる 2015年、開運の鍵はあなたの中にあり!

2015年をますますハッピーな一年にする鍵は、“守護霊”にある! 守護霊を味方につける秘訣について、幸福の科学 中部正心館・金森睦子館長に伺いました。

 

地上の人間が最大限に努力をすること

自らが望む人生を歩むためには、やはり地上で生きる人間が努力することがとても重要です。「年末ジャンボ宝くじが当たったらいいな」「〇〇できたらいいな」と、“棚からぼた餅”を望んでばかりではいけません。何もしなければ、何も与えられないのです。
目の前にあることに精いっぱい取り組み、100%、120%の徹底した努力を重ねることが欠かせません。あなた自身が努力し、成長することで、守護霊はますます「頑張らなくちゃ!」と張り切り、霊的世界の中であなたのために活躍してくれることでしょう。
すると、小さな一つひとつの目標が達成され、守護霊からご指導をいただいていることが実感できます。そのためにもあなた自身が日々、熱意を持って生きることが大切です。守護霊は、地上で頑張るあなたの姿に感化され、天上界にある“神々の智慧”を降ろそうとしてくれるはずです。

 

あなたも「あげまん妻」になれる

読者の中には、夫や子供たちを出世させ、成功へと導く「あげまん妻」になりたいという方もいらっしゃると思います。
幸福の科学の大川隆法総裁の書籍『夫を出世させる「あげまん妻」の10の法則』や『北条政子の幸福論』(ともに幸福の科学出版)の中でも、あげまん妻になるためには「勘のよさ」が大切であると説かれています。
実は、この「勘のよさ」というものの正体は、守護霊からのインスピレーションのことなのです。ですから、守護霊とのインスピレーションをつなぐ“パイプ”を太くすることで、あなたもあげまん妻になれるはずです。そのためには、感謝と素直な心、そして信仰心が大切です。

 

“女性らしさ”は成功への鍵

女性として生まれたからには、やはり母性や調和の心、人を生かす心、母としての愛といった、女性ならではの個性を最大限に生かしていただきたいですね。それは、結婚しているか、子供がいるかに関わらず、女性なら誰もが生まれながらにして神様から与えられているものです。
その能力を発揮することで、その人の周りには、人材や企画など、あらゆる善きものが引き寄せられ、成功者になれるでしょう。何よりも女性らしさを発揮することで、自分が幸福感で満たされます。守護霊もあなたの人生が素晴らしいものになるよう、応援しているはずです。2015年、あなたの人生がさらに輝くことを願っています。

続きは本誌へ
記事DATA

金森睦子 

宗)幸福の科学 中部正心館館長

静岡市で夫が営む㈱美濃屋本店の経営に携わりながら、2男1女を育て上げる。1997年に幸福の科学に奉職。静岡本部長、常務理事などを歴任し、2009年より現職。