web-201410-petpower

ペットの持つ神秘のパワー 精神科医・小林城治先生インタビュー

日頃のストレスを癒してくれるかわいいペットたち。でも実は、ペットには癒し以上のパワーが宿っている!? ペットの持つ神秘のパワーについて、精神科心療内科医の小林城治先生に伺いました。

 
認知症や自閉症症状に
ヒーリングパワーを与える動物たち

動物とのふれあいによって、ストレスを軽減、自信を回復させるアニマルセラピーは医療や福祉、教育などのさまざまな現場で取り入れられています。認知症の高齢者は犬猫を抱っこすることで笑顔が溢れ、不安な心が癒えて、認知症の進行が緩和するといわれています。また自閉症や精神疾患は、イルカとふれあうことで発達が改善されるともいわれます。

 
ペットとのふれあいは病気予防になる

ペットとふれあうことで、交感神経より副交感神経が優位になり、気持ちを落ち着かせ、リラックスすることができます。こうした時間を定期的に取ることで、血圧が下がったり、中には不眠症や高脂血症、糖尿病の症状が改善するケースも。高脂血症や糖尿病はストレスなどによる過食で、検査値が上がってしまうことが原因のひとつ。ペットに癒されることで、過食が治まり、病気の症状が改善する場合もあるのです。

 

[ペットで改善した精神科での事例
猫の気ままな姿を見て、パニック障害が改善

心の病にもペットの力は大きく影響します。当院の事例ですが、パニック障害を持っている26歳女性はペットによって症状が改善しました。
カウンセリングで「小さいときに猫を飼っていた」と聞き、再び飼ってみることを勧めました。自宅で猫を飼い始めると、毎日マイペースにのんびり過ごす猫の姿を見て、自分ももっと気ままに生きて行こうと実感され、症状は少しずつ改善していきました。
パニック障害は完璧主義の方が多く、一生懸命仕事に取り組んでも、ひとつでもできていないと不安になり、パニックになってしまいます。そのため、マイペースな猫の姿が彼女にとっては、とてもお手本になったようでした。

続きは本誌へ
記事DATA

小林城治 Joji Kobayashi

精神科・心療内科医

医療法人社団ヘルメス会「J戸越銀座クリニック」理事長。

高い実績を認められた復職支援(リワーク)の専門機関、薬だけに頼らない療法で社会復帰をサポート。現代書林『赤ひげ名医シリーズ』に掲載他、日本テレビ『ニュースゼロ』TV東京『ワールドビジネスサテライト』等、テレビ出演も多数。

書籍『2014最新版 現代の赤ひげ 医療最前線の名医12人』に選ばれている。

公式サイト