真実哉教授の 時代を創った女性たち――マリー・キュリー

嫉妬やゴシップに負けず生涯を研究に捧げた世界が誇る元祖・理系女子

女性初のノーベル賞を2度受賞した元祖理系女子、マリー・キュリーは1867年、ポーランドのワルシャワに生まれます。
勉強熱心だったマリーは日本の中高一貫校に相当するギムナジウムを優秀な成績で卒業。しかし当時のポーランドでは、女性は大学に進学できず、マリーは住み込みの家庭教師を始めます。その家の長男と恋に落ちますが、相手の父に結婚を反対され、さらに男性の優柔不断さから、ポーランドを離れることを決意。パリに嫁いだ姉の誘いのもと、女性でも入学できるパリ大学への進学を決意します。

1891年、マリーはパリで7階建てのアパートの屋根裏部屋を借り、昼はソルボンヌ(パリ大学)で物理や数学、化学の勉強をし、夕方はチューターとして働く日々を送っていました。お金がほとんどないため、食事もろくにとらず、冬は持っている服をすべて着て寝ていたそうです。
2年間勉強に打ち込んだ結果、マリーは物理学の学士の資格を取得。しかし貯蓄が底をつき、ポーランドの学友が奨学金を申し込んでくれました。その奨学金は返済義務がないにも関わらず、マリーはフランス工業振興協会の受託研究を行い、少ない給料から少しずつ返済します。そして、受託研究のテーマである「鋼鉄の磁気的研究」のために探していた広い研究室を紹介したのが、後に夫となるピエール・キュリーでした。

当時ピエールは35歳で、女性にもお金にも興味がなく、ひたすら研究に打ち込んでいました。しかしマリーと恋に落ちたピエールは一念発起して学位を取得。そして、後に「キュリーの原理」と呼ばれる、自分の「対称性保存の原理」という論文の写しをマリーにプレゼントします。まさに理系男子らしい贈り物に喜んだマリーはピエールを屋根裏部屋に招待。慎ましい生活に感激したピエールはプロポーズし、帰国する予定だったマリーは悩みますが、受け入れることに。1985年、ふたりは質素な結婚式を挙げ、マリーはキュリー夫人となりました。

結婚から2年後には長女イレーヌが、1904年には次女エーヴが生まれます。マリーは鋼鉄の研究から磁気の研究を始め、博士号を取得するにはさらに深い研究が必要と考えていたころ、研究者アンリ・ベクレルと出会いました。マリーとピエールはベクレルが発見した「ウランから出るX線に似た謎の光線」を研究対象に選びます。暖房もない粗末な研究室で実験を続け、ついにトリウムという金属もウラン同様、X線に似た光線を出すと突き止めました。マリーはそれを「radioactivity(放射能)」と名付けます。
科学の世界では一刻も早い発表が大事と理解していたマリーは、すぐに簡潔な論文を科学アカデミーに提出。その後すぐに新たな研究に着手し、放射能の新しい元素をふたつ発見します。
ひとつを「ラジウム」、もうひとつを祖国ポーランドにちなんだ「ポロニウム」と名付け、夫婦で科学アカデミーに発表。しかし科学アカデミーは論文に色々な文句をつけ、キュリー夫妻はさらに精度の高い研究のために、11トンもの鉱石を乳鉢で手作業ですり潰し、研究を続けます。ついに純粋なラジウムの精製に成功したマリーは、ラジウムの青い光を「妖精のような光」と呼んだといいます。

1903年、キュリー夫妻はノーベル物理学賞を受賞します。しかし当初は、外国人で女性という理由から、科学アカデミーがスウェーデン王立アカデミーに挙げたノーベル賞推薦者に、マリーの名はありませんでした。ところがその前に、フランスの有名な科学者がマリーを推薦していたため、王立アカデミーはキュリー夫妻への授与を決定したといいます。
1911年には科学アカデミー会員の候補になりますが、アカデミー内などでマリーを快く思わない人々が、「マリーはユダヤ系ポーランド人で不倫をしている」などと嘘をついて騒ぎ、マスコミもマリーを叩きます。僅差で対立候補に敗れますが、同年、マリーはノーベル化学賞を受賞。二度のノーベル賞受賞者となります。
ノーベル賞の賞金を自らの研究と周囲の研究者のために使い、生涯を科学の進歩に捧げたマリー・キュリー。その人生は、まさに理想の科学者の姿を示しています。

続きは本誌へ
記事DATA

鈴木真実哉 Mamiya Suzuki

聖学院大学政治経済学部教授

1954年生まれ。ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ経営成功学部ディーン、聖学院大学政治経済学部教授。専門分野の金融論のほか、貨幣論、シュン ペーター理論などを研究。著書に『格差社会で日本は勝つ』(幸福の科学出版)、共著に『カオスの中の貨幣理論』(雄松堂出版)、『金融入門』(昭和堂)な ど。