からだの中からきれいをつくる「インナーケア」座談会

Illustration by Mika Kameo

食事や生活習慣、サプリメントまで、読者おすすめのインナーケア術をお聞きました。

 

蓑田美那:M
ヘア&メイクアップ・アーティスト。混合肌。1男の母。出産後、肌質の変化からほとんどのコスメを自然派にシフト。

千馬有希子:C
本誌美容ライター。1男1女の母。超乾燥肌のため、いちばんのお手入れポイントは保湿。最近は、エイジングケアも強化中。

清田ミシェ:K
夫と経営する会社「VISUAL WORKS」のクリエイティブ・プロデューサー。乾燥肌。美肌&UVケアは1年中が基本。

 

M インナーケアの基本は食べ物ですよね。食事で補えない栄養素があればサプリメントで。私は去年、体を冷やして内臓が弱ると、どれだけ体調に影響するかというのをすごく実感したので、夏でも冷たいものは摂らないようにしています。

C 冷たいものを摂りすぎると夏バテしますからね。

M そう! 内臓が疲れると、肌の状態ももちろん悪くなるし。

K 最近、夏バテなのか、血の巡りが悪くなっている気がして、ショウガとか、巡りをよくする漢方系の食材やドリンクを摂るようにしているんです。夏にショウガって、今まであまり意識して摂っていなかったんですけど。

M ショウガは夏もいいですよ。さっぱりしますし。

C 私もショウガは一年中欠かせません。そういえば去年の夏、すごい夏バテしたんですよ。食欲がなかったんですけど、スイカだけは食べれて、スイカで夏を乗り切ったみたいな。最近知ったんですけど、スイカってものすごく栄養素が豊富なんですって。活性酸素を除去してくれるリコピンはトマトの1.4倍も含まれていて、ビタミンCとかカリウム、システインも豊富だから、美白とかむくみ、冷えにもいいらしいですよ。

M 私はつわりだった夏、ビシソワーズで乗り切ったことがあります。私が作っていたのは、玉ねぎがメインで、じゃがいもは少しなんですけど。

K デトックススープですね。意外ときゅうりと水菜も栄養素が豊富で、体にいいそうですよ。疲れたときは、夜寝る前に大根のしぼり汁を飲むといいと聞いて、やってみたら本当に効きました。酵素がたっぷりなんですよね。私、のどが弱いんですけど、風邪をひいたときとか、大根を角切りにしてはちみつに漬け込んだものを食べるとよくなります。辛味もなくなってフルーツみたいでおいしいですよ。あと、やっぱりたんぱく質は大事ですよね。私、10年くらいベジタリアンだったんですけど、26歳のときに栄養失調で入院したことがあるんです(笑)。

MC (笑)!

K 当時は栄養のこととか全然考えていなくて、量もそんなに食べてなかったんです。でも、今思い返すと、そのころはやっぱり気力がなくて疲れやすかったですね。そういえば血液型ダイエットは、私にはすごく当たっています。

M 血液型によって、合う食材と合わない食材が違うんですよね。

K O型は狩猟民タイプ、A型は農耕民タイプ、B型は遊牧民タイプ、AB型はAとBの両方を持つ複雑系。O型は肉とか魚介類の動物性たんぱく質が体に合っていて、逆に合わないのは炭水化物。私、O型なんですけど、確かにごはんとか炭水化物系のものはあまり消化できないような気がします。

M A型に合うのは野菜類と豆類で、逆にお肉や乳製品が合わないとか。おもしろいですよね。

K あと、月のリズムってあるじゃない? 新月から満月にいくときがアクティブ期で、満月から新月にいくときがデトックス期らしいんですけど、私、デトックス系の食材が摂りたくなる時期と、すごく栄養を摂り入れたくなる時期があって、ちょうどそれが月のリズムに合っていることに気づいたんです。

M そういうことに気づくってすごいですね。

K 食べ物と心って密接に関係していますよね。糖分を摂りすぎると、イライラとか思考力の低下とかウツの原因になったりするらしいですよ。

M 私はPMSのイライラが、更年期とか血の巡りをよくする漢方を処方してもらったら、すぐに落ち着きました。

K 漢方はいいですよね。漢方医に聞いたんですけど、飲んだときにおいしいと思ったら自分に合ってるんですって。そういえば知り合いで、いつも疲れていてマイナス思考の人がいたんですけど、その人、食生活がめちゃくちゃだったんですよ。いつも大容量の炭酸飲料を飲んでいたり。心や感情のコントロールができない人は、食生活を見直してみるのも手かなって思います。まずお菓子を減らすとか。最近、年齢的なものもあるので、食事もそうですけど、根本的に体質改善しようと思ってるんです。血液のチェックもしておいたほうがいいのかなと思って。

C それなら分子整合栄養学検査がいいですよ。血液検査で、自分に足りていない栄養素や、合わない食材が詳細にわかって、専門医からアドバイスが受けられるから、不調の原因がわかるし、病気の予防もできるんです。

KM 行ってみたい!

C 私、前に血液検査したときに、たんぱく質が不足気味って言われてびっくりしました。ベジタリアンでもないし、ダイエットしているわけでもなかったのに。バランスのいい食事を心がけているつもりでも、意外とできていないものなんだなって思いました。

K “サラダを食べてるから大丈夫”とか、自己流でやっていて実は間違ってるという人って多いんでしょうね。専門家にアドバイスをもらって、必要な栄養素を取ったりサプリを取り入れると、もっと効率的にきれいに健康になれるのかもしれませんね。今度、私も血液検査連れて行ってください!

続きは本誌へ