kuri

栗の渋皮煮レシピ【アニバーサリー・スイーツ12カ月】

本誌10月号「アニバーサリー・スイーツ12カ月」では、若林よしこさんの「モンブランケーキ」レシピを掲載中。本誌では、市販の栗の渋皮煮を使ったレシピをご紹介していますが、WEBではモンブランをより本格的に仕上げる、若林さんのオリジナルレシピの栗の渋皮煮レシピをご紹介します。


 

栗の渋皮煮

【材料】

栗(皮付き)・・・1kg
砂糖・・・700g
重層・・・大さじ2

 

【作り方】

① 栗の皮をむきやすくするために、一晩たっぷりの水につけておく。

② 栗の底に包丁の刃を当ててひっぱり上げるようにして、渋皮までむかないように鬼皮をむき、水にさらす。

③ 栗を鍋に入れ、かぶるくらいの水と重曹大さじ1を加えて強火にかける。沸騰したら弱火にし、あくを取りながら20分ゆでる。

④ 栗をザルにあげてゆで汁を捨て、栗を1個ずつきれいに洗い、水にさらす。

(栗が乾くと渋皮が破れやすくなるため、あまり空気にさらさないようにしてください)

⑤ 再び、鍋に栗がかぶるくらいの水と重曹大さじ1を加えて強火にかけ、沸騰したら弱火にする。20分ゆでてザルにあけ、栗をきれいに洗い、水にさらす。

⑥ 3回目は栗がかぶるくらいの水だけで強火にかけ、沸騰したら弱火にして20分ゆでる。

⑦ 栗の表面を軽く洗い、筋を竹串でていねいに取り、水にさらす。

⑧ 栗を鍋に入れ、かぶるくらいの水と砂糖を入れて強火にかけ、沸騰したら弱火で30分煮る。火を止め、鍋ごとそのまま一晩おいて味を含ませる。

⑨ 密閉容器で冷蔵保存する。ジッパー付きのビニール袋に小分けして冷凍してもよい。

 

【 モンブランケーキの作り方】

本誌10月号 6~7ページ参照してください。10月号では市販のマロンペーストを使用していますが、栗の渋皮煮から作る場合は240g分をレンジで温めてから裏ごししてください。

m01

続きは本誌へ
記事DATA

若林よしこ 

ハッピー・フォトグラファー

バラやスイーツ中心に、幸せと癒しをテーマにしたハッピー・フォトグラファー。フォトコンテスト受賞多数、個展も開催。海外からも「癒される」と大好評。山梨県在住。

公式サイト