働く女性にアンケート!「復帰・職探しで苦労したこと&こうやって解決しました!」

仕事の復帰や職探しはなかなかひと筋縄にはいかないもの。Are You Happy?読者が復帰・職探しで経験した「苦労したこと」&「解決方法」をご紹介します!

 

ikujihen

お兄ちゃんが弟の面倒を みてくれるようになりました
(アパレル販売・32歳・既婚・子ども:3歳、8歳、10歳)

 

kuroushitakoto

子育て中なので、子どもが学校から帰宅するまでという時間の制約や、土日の出勤が難しく、面接を受けてもなかなか通りませんでした。

kaiketushimashita

現在の職場の面接を受けた際、土日は月に数回だけ入るという条件で、雇用されることに。「お仕事が忙しい」ことをお兄ちゃんに話すと、学校の帰りは兄弟で一緒に下校してくれたり、お友達の家に遊びに行くときには、弟も連れていってくれたりと、自主的に面倒をみてくれるようになりました。主人も保育園のお迎えや、食事・洗濯を手伝ってくれるようになったので、とても助かっています。

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

誇りを持って仕事ができるようになりました
(保健師・48歳・既婚・子ども:19歳、22歳)
 

kuroushitakoto

子どもが1歳になったときに育休から復帰。子どもが病気をして、どうしても仕事を休めないときには、ベビーシッターに預けて出勤していました。しかし子どものことを思うと切なく、さまざまな思いを抱いて、涙をこらえながら仕事をする日々でした。

kaiketushimashita

私が「かわいそうに」と思いながら接していると、子どもが精神的に不安定になったので、「いつもありがとう」「大好きよ」など、明るい言葉をかけるようにしました。すると元気になり、「頑張るお母さんが大好き」と言ってくれるように。私は保健師なので、育児での学びが仕事にも活き、誇りを持って仕事に取り組めるようになりました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

子育てママに理解がある働きやすい職場をみつけました
(コールセンター・30代・既婚・子ども:4歳、6歳)

 

kuroushitakoto

子どもがふたりいるため、仕事内容や時間帯、勤務地、時給など、条件に合う会社が見つかりませんでした。履歴書を送っても、子どもがまだ小さく、急な発熱などで仕事を休みがちになる可能性が高いということで、なかなか面接まで進めませんでした。

kaiketushimashita

結局、自宅から少し遠い勤務地で時給も少し安め、仕事内容も第一希望ではない仕事と、やや条件を妥協。それでも「子どもがいることに理解がある職場」という条件だけは変えずに探しました。今の職場は子どものいる主婦もたくさん働いていて、休みも融通が利くのでとてもありがたいです。

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

shiniapurann

子どもへの影響が心配・・・
(自営業・36歳・既婚・子ども:2歳、4歳、7歳)

 

onayami

起業した当初は子どもと接する時間が取れていましたが、仕事が増え、仕事と育児のバランスが取れなくなってきています。人を雇うことも考えましたが、それも悩み中です。また、家でも常に仕事をしているので、子どもたちへの影響も心配です。

adobaisu

悩み過ぎていませんか? 子どもたちは一生懸命仕事をしている両親の姿をしっかりと見ていますし、今のあなたを母親に選んで生まれてきています。仕事に対して腹を据え、仕事への誇りや大切さをしっかりとお子様に教えてあげてください。親子関係というのは“時間”よりも、結局“密度”の問題です。忙しくても、少しの時間でいいので、愛情を注いであげましょう。

そのほかの「復帰・職探しで苦労したこと&こうやって解決しました!」の続きは『アー・ユー・ハッピー?』2014年9月号に掲載されています。

続きは本誌へ
記事DATA

シニア・プラン21東京校 

幸福の科学のシニア事業室が運営する生涯現役人生塾。「徹底的な『生涯反省』を通しての再生・新生」を合言葉に、週に1回2時間の研修を基本として未来の人生設計をすすめる。

 

東京校(幸福の科学・戸越国際精舎5階)
東京都品川区戸越1-6-7
TEL 03-6384-0778 FAX 03-6384-0779

公式サイト