第8回 尖閣ロッカー・トクマのキラキラエッセイ

ロケット雲を追いかけて
あの雲の向こうまで
スペースシャトルで
行きたいよ
君と一緒に行きたいよ
ああ見たい 星の彼方

♪〝NEXT STAGE”より

尖閣ロッカーのトクマです。前回に引き続き、僕がミュージシャンと政治家というふたつの活動をする上で大切だと思うことを、もう少し具体的に話そうと思う。僕は、音楽や政策で「政(まつりごと)」を行うには、「理性」「知性」「感性」「悟性」の4つがとても重要だと思っているんだ。
とくに政治家には、資源や国同士の関係など、日本の現状を的確にとらえ、判断できる「理性」が重要。たとえば、「特定秘密保護法」や「原発」に反対する人の多くは、感情的に「“いのち”や“自由”を守れ」と言うけれど、そこに「国を富ます」という長期的な視点が欠けていると思うんだ。もちろん、反対すること自体が悪いわけではないけど、国のかじ取りとなると国民全体の暮らしがかかってくる。感情論だけでは運営できないんじゃないかな。

理性のほかにも、人々の気持ちや物事を理解し、受け入れられる「知性」や「感性」、人々を導けるだけの直感力や悟りの力「悟性」が問われてくる。ときには、言いにくいこともあえて言わないといけない。それを踏まえたうえで、国民がワクワクするようなビジョンを掲げて、行動で示していくことが大事。政治家もミュージシャンも、その発言や作品には大きな影響力がある。だからこそ、僕は政治と音楽の両輪で、世間を啓蒙していくよ。
一緒に日本のネクストステージへ進もう!

続きは本誌へ
記事DATA

トクマ TOKMA

幸福実現党 遊説局長 / 尖閣ロッカー

1966年11月11日生まれ、東京都出身。青山学院大学卒業後、トヨタ自動車に入社し半年後退社。1996年、1stシングル『Oh!Angelina』でメジャーデビュー。ライブ&CDリリース、ラジオ番組DJ、CM音楽、映画主題歌、映画・演劇出演など多彩な活動を展開。2012年9月、尖閣諸島上陸。同年10月、アルバム『Get Your Freedom!!』を発表。同月、幸福実現党青年局長に就任。現同党、遊説局長

公式サイト