魂の仕組みと潜在意識・前編(2013年12月号)

<質問>願いを叶えるためには、「潜在意識」のコントロールが大事だという話を聞きます。幸福の科学では、潜在意識の一部が「守護霊」であるとも教えられていますが、潜在意識や守護霊について、ご教示いただければありがたいです。

2013年6月9日、幸福の科学・仙台正心館(宮城県仙台市)で行われた説法「成功をつかむ発想法」での質疑応答より。

 

「守護霊」は本人自身でもある

今、私が「守護霊霊言」なるものを説法や書籍として出しているため、ときどき質問があり、「死んだ方の霊言というのは、だいたい理解できるけれども、生きている人間の守護霊の霊言というのは、どうも理解できない」という声が、チラチラと聞こえてきます。

「守護霊」については、いろいろな宗教でときどき言われることもあるのですが、「守護霊の位置づけが、よく分からない」「何か全然関係のない霊が来て、指導しているのではないか」と思ったりもするらしく、「守護霊は本人自身でもある」ということが、今ひとつ分からないようです。  確かに、この世に生きている本人と守護霊がズバッと似ている場合もあれば、かなり違ったタイプの個性の人もいらっしゃいます。

例えば、この世では女性だけれど、守護霊は男性であるなど、性別が違ったりすると違うように見える場合もあるので、その辺りは微妙に難しいところはあります。

 

この世は魂の修行場であり「勝ちか、負けか」だけで考えることはできない

これは結局、どういうことかというと、「私たちの本当の住み処は実在界(あの世)である。あの世の世界が本当の世界で、この世は修行場にしかすぎないのだ。魂の全エネルギー量がこの世に出ているわけではないのだ」ということです。

それは、この世の人生を「オール・オア・ナッシング」といいますか、「勝ちか、負けか」だけで考えているわけではないことを意味していると思います……

大川隆法 Ryuho Okawa

幸福の科学グループ創始者兼総裁

幸福の科学グループ創始者 兼 総裁。1956(昭和31)年7月7日、徳島県に生まれる。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。81年、大悟し、人類救済の大いなる使命を持つ「エル・カンターレ」であることを自覚する。86年、「幸福の科学」を設立。信者は世界100カ国以上に広がっており、全国・全世界に精舎・支部精舎等を700カ所以上、布教所を約1万カ所展開している。説法回数は2800回を超え(うち英語説法120回以上)、また著作は30言語に翻訳され、発刊点数は全世界で2400書を超える。『太陽の法』(幸福の科学出版刊)をはじめとする著作の多くはベストセラー、ミリオンセラーとなっている。また、映画「心に寄り添う。」(ドキュメンタリー・2018年5月公開)、「さらば青春、されど青春。」(実写・同年5月公開)、「宇宙の法-黎明編-」(アニメ・同年10月公開)、「僕の彼女は魔法使い」(実写・2019年公開)など、15作の劇場用映画を製作総指揮・企画している。ハッピー・サイエンス・ユニバーシティと学校法人 幸福の科学学園(中学校・高等学校)の創立者、幸福実現党創立者兼総裁、HS政経塾創立者兼名誉塾長、幸福の科学出版(株)創立者、ニュースター・プロダクション(株)会長、ARI Production(株)会長でもある。

大川隆法公式サイト

2013121
続きは本誌へ