良妻の条件③世界の聖人、必ずしもよき家庭人にあらず(2011年1月号)

古代の聖人たちの結婚

前回は、才能豊かな女性や聖職に就く女性には、必ずしも「良妻の条件」が当てはまらないこと、また、「死んだら終わり」という思想が広がった結果、先祖供養の習慣が薄れ、家庭軽視の流れができたことを述べました。

古代の聖人たちも、みな、結婚はあまりうまくいっていません。「結婚がうまくいく」ということが、必ずしも、高級霊の証明にはならないのです。それは、しかたがありません。

例えば、お釈迦様は、家庭を放り出して修行に励み、悟りを開いて伝道しています。

イエスも、家庭を持たずに伝道し、最後、十字架に架かっています。

世界の四大聖人というと、あとは孔子がいます。孔子は結婚していますが、あまりに口うるさかったため、奥さんに逃げられています。

今、孔子直系七十五代目を名乗る子孫がいるので、子供がいたことは事実であり、彼には、鯉という息子がいました。ただし、あまり優秀ではなく、ほかの弟子たちのほうが優秀であったようで、彼の息子が活躍したという話は大して遺っていません。

このように、孔子には子供がいましたが、礼儀作法について非常にうるさく、料理などに対しても、ものすごく細かい人であったので、奥さんは逃げ出したのです。それが定説になっています。

そして、孔子は諸国放浪をしています。弟子を連れて、あちこちの国に行っては、「自分を宰相や大臣にしませんか」とPRして歩いていたので、生活は、それほど安定していませんでした。この世的には、必ずしも成功したとは言えない面があると思います。

 

哲学者ソクラテスの妻

四大聖人の最後は、ソクラテスです。哲学者というと独身だろうと思うかもしれませんが、ソクラテスにも奥さんはいました。

しかも、二人いたのです。ただ、当時のギリシャでは、別に不思議なことではありません。一夫一婦制ではなかったので、身分が偉くなくても、奥さんが複数いた場合も多かったのです。

ソクラテスが七十歳で毒ニンジンを飲んで死んだとき、奥さんの一人は、六十代ぐらいだったと思います。

もう一人の奥さんは、若い女性です。ソクラテスが亡くなったとき、おそらく、三十代前半だったのではないかと推定されています。

そして、ソクラテスにも子供がいました。子供が、二、三人いたかもしれないと言われていますが、少なくとも一人は、そのとき五歳ぐらいであったことが分かっています。今でいうと幼稚園児ぐらいです。

つまり、「七十歳で死ぬときに、三十歳過ぎぐらいの奥さんと五歳ぐらいの子供がいた」ということは、事実として分かっているのです。

この二番目の若い奥さんの名前は、クサンチッペといいます。クサンチッペは、後世、悪妻の代表といわれている方であり、「ソクラテスにバケツで水をかけた」とか、「寝ているソクラテスの上にまたがって、おしっこをかけた」とか、目茶苦茶な伝説がいろいろと遺っています。どこまで本当かは分かりませんが、そうとう、ひどい仕打ちをしたのは間違いないでしょう。

世界一の知者を誇っている人が、奥さんから小便をかけられたわけです。「セミでもあるまいし、すごいな」と思いますが、よほど腹が立ったのでしょう。

七十歳近いおじいさんが、〝極道〟をして、働かずに議論ばかりし、家にお金を入れないような状態だったのだと思います。ソクラテスは、おそらく、家にお金を入れず、議論ばかりして歩いているような、天下の無責任男だったのだろうと推定されるのです。

奥さんから見れば、「小さい子供がいるのに、なぜ、働かないのか」ということです。

photo ©iStockphoto.com/ Brigida Soriano

大川隆法 Ryuho Okawa

幸福の科学グループ創始者兼総裁

幸福の科学グループ創始者 兼 総裁。1956(昭和31)年7月7日、徳島県に生まれる。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。81年、大悟し、人類救済の大いなる使命を持つ「エル・カンターレ」であることを自覚する。86年、「幸福の科学」を設立。信者は世界100カ国以上に広がっており、全国・全世界に精舎・支部精舎等を700カ所以上、布教所を約1万カ所展開している。説法回数は2800回を超え(うち英語説法120回以上)、また著作は30言語に翻訳され、発刊点数は全世界で2400書を超える。『太陽の法』(幸福の科学出版刊)をはじめとする著作の多くはベストセラー、ミリオンセラーとなっている。また、映画「心に寄り添う。」(ドキュメンタリー・2018年5月公開)、「さらば青春、されど青春。」(実写・同年5月公開)、「宇宙の法-黎明編-」(アニメ・同年10月公開)、「僕の彼女は魔法使い」(実写・2019年公開)など、15作の劇場用映画を製作総指揮・企画している。ハッピー・サイエンス・ユニバーシティと学校法人 幸福の科学学園(中学校・高等学校)の創立者、幸福実現党創立者兼総裁、HS政経塾創立者兼名誉塾長、幸福の科学出版(株)創立者、ニュースター・プロダクション(株)会長、ARI Production(株)会長でもある。

大川隆法公式サイト

cover_201101
続きは本誌へ